画像: 伝統の一戦はトゥールーズがスタッド・フランセに快勝。モンペリエはトゥーロンを下し全勝キープ。

伝統の一戦はトゥールーズがスタッド・フランセに快勝。モンペリエはトゥーロンを下し全勝キープ。

©getty Images
今シーズンも序盤戦から見応えある好ゲームが続いている世界最高峰のラグビープロリーグ、フランスTOP14。9月16、17日に行われた第4節でも、各地で激しい熱戦が展開された。
ナショナル・ダービーとして絶大な人気を誇るトゥールーズとスタッド・フランセの伝統の一戦は、ホームのトゥールーズが7トライを奪う猛攻で宿敵に快勝した。互いにPGを決め合い3-6で迎えた前半14分、トゥールーズはゴール前のラックでブラインドサイドを攻めたSHデュポンがオフロードでWTBコルビにつなぎ、最初のトライを挙げる。さらに24分にFBラモスが持ち前のスピードでゴールラインを越えると、28分にはテンポよくフラットなアタックを継続してCTBポワがインゴールへ。27-9と大きくリードして前半を折り返した。
スタッド・フランセも後半開始直後にPGを返し、54分にはフランス7人制代表のSHブラウアがラックサイドを鋭く抜け出して10点差に詰め寄ったが、その後のトライチャンスをミスで仕留め切れず、流れはふたたびトゥールーズへ傾く。62分にSHデュポンがトライを挙げ34-17とすると、スタッド・フランセのNO8マカルーがシンビンで一時退場する間に3トライを奪取。53-17と予想外のビッグスコアで、歴代最多優勝回数を誇るトゥールーズが同2位のスタッド・フランセに勝利した。
唯一の3連勝で首位に立つモンペリエは、昨季準優勝でここまで2勝1敗のトゥーロンをホームで迎え撃った。先にトライを挙げたのはトゥーロン。前半7分、CTBノヌーのロングパスに相手ディフェンスが詰めたところでFBボヌバルが巧みなタップパス、反応したWTBトゥイソヴァが右ライン側を走り切る。しかしモンペリエもすかさず反撃。10分、今季より加入した元NZ代表SOクルーデンがわずかなギャップを抜け出しTOP14での初トライをマークすると、34分にはゴール前の連続攻撃からWTBナドロがねじ込み、17-10としてハーフタイムを迎える。
後半も47分のSOトランデュクのPGでトゥーロンが先にスコアしたが、モンペリエは58分、ゴール前のラックからFWが塊となってインゴールになだれ込み、流れを引き寄せる。61分に今季好調のトゥーロンWTBアシュトンに走り切られたものの、65分に右コーナーへ飛び込んだ際にそのアシュトンがハイタックルをとられ、認定トライを獲得。66分には交代出場のWTBトマニ、79分にもCTBステインがトライを追加し、ボーナスポイント付きの快勝で上位対決を制した。
【番組情報】
「ラグビー フランスリーグ TOP14」
ラグビー世界最高峰のプロリーグ「TOP14」。上位チームの試合を中心に毎節2試合放送!
■放送スケジュール
第5節:
クレルモン・オーヴェルニュvsラシン92 9/23(土・祝)深夜1:20~ [WOWOWライブ]
※9/23(土・祝)夜9:40~ WOWOWメンバーズオンデマンドで先行ライブ配信
スタッド・フランセvsRCトゥーロン 9/24(日)深夜3:35~ [WOWOWライブ]
※9/24(日)夜11:45~ WOWOWメンバーズオンデマンドで先行ライブ配信
■詳しくは、WOWOWラグビーオフィシャルサイトをチェック!
http://www.wowow.co.jp/sports/rugby/
■『WOWOWラグビー公式ツイッター』(@wowow_rugby)
WOWOWのラグビー公式アカウントです。WOWOWで放送するラグビーの放送スケジュール、最新ニュース等を中心につぶやいていきます。

rugby-rp.com

This article is a sponsored article by
''.