東京愚連隊興行「東京LOVE Ⅶ」
★9月27日(水)東京・新宿FACE(観衆500人=満員)

 10月31日の後楽園ホールで引退を控える大仁田厚が“猪木イズム最後の継承者”藤田和之との電流爆破マッチをぶち上げた。

 超戦闘プロレスFMW9・21新木場大会で大仁田と一騎打ちをおこなったNOSAWA論外が試合後に、今大会に出場するケンドー・カシンが藤田を連れてくると予告し、大仁田に来場を要求。

 それを受けて、大仁田はカシンが出場した休憩前の第4試合後にリングへ乱入。藤田の代理人であるカシンに対し、大仁田興行10・9お台場での藤田との電流爆破戦を要求した。カシンは藤田ではなくFUJITA(藤田ミノル)をリングに呼び出して煙に巻いたものの、一度火がついた大仁田は止まらない。藤田との爆破マッチ実現へ「オレはもう一方的に、どうのこうの言われても、月曜日に発表するつもりだから。大仁田-藤田戦を」と見切り発車も辞さない構えを見せた。 

 なお、藤田は昨年の9月25日におこなわれたRIZIN無差別級トーナメント1回戦でバルトに敗れた試合後に引退を表明し、以降はリングから離れている。

画像: 大会に乱入した大仁田厚

大会に乱入した大仁田厚

試合結果

鼓太郎は今回も打ち上げ不参加「車で来ちゃったんで」
1、鈴木鼓太郎試練の一番勝負~初戦からの最終戦(15分1本勝負)
○鈴木鼓太郎(8分10秒、エンドレスワルツ)SUSHI●

2、ワクチンファイト提供試合~ダブルネーム(20分1本勝負)
○KAI&甲斐拓也(7分56秒、エビ固め)宮本裕向&佐野直●
※サンダーファイアーパワーボム

ハルクは黒潮の容姿に「中の中」の評価
3、SPECIAL TAG(30分1本勝負)
○B×Bハルク&黒潮“イケメン”二郎(10分23秒、エビ固め)佐藤光留&ロッキー川村●
※カカト落とし

大仁田が登場、藤田和之は現れず…
4、新宿大戦争~SPECIAL 6MEN TAG(45分1本勝負)
ケンドー・カシン&○ヒロ斎藤&征矢学(8分30秒、体固め)百田光雄&バラモンシュウ&バラモンケイ●
※セントーン

大流血乗り越え愚連隊がタッグ王座奪還
5、東京インターコンチネンタルタッグ選手権試合(60分1本勝負)
<挑戦者組>MAZADA&○FUJITA(18分56秒、片エビ固め)ディック東郷&獅龍●<王者組>
※SAYONARA。東郷&獅龍が初防衛に失敗。MAZADA&FUJITAが第7代王者組となる

次期挑戦者にカズ・ハヤシが名乗り
6、東京世界ヘビー級選手権試合(時間無制限1本勝負)
<王者>○望月成晃(15分13秒、片エビ固め)NOSAWA論外●<挑戦者>
※顔面への三角蹴り。第5代王者が4度目の防衛に成功

画像: メインイベントで東京世界ヘビー級王座を防衛した望月成晃が、締めのマイク

メインイベントで東京世界ヘビー級王座を防衛した望月成晃が、締めのマイク

今大会の試合詳細、バックステージコメントは以下のサイトを参照。

This article is a sponsored article by
''.