画像: 広島・野間峻祥 抜群の走力で連覇に貢献

広島・野間峻祥 抜群の走力で連覇に貢献

快足を生かして得点を量産した野間
ものすごい勢いでホームまでかえってきた。8月3日のマツダ広島での阪神戦。2点を追う9回一死一、三塁。西川龍馬の中前への安打で、野間峻祥は一気に生還した。
打球がセンター前に落ちた時点ではすでに二塁を回っていた。打球判断で一瞬、スピードを緩めたが、すぐにトップスピードに戻した。クロスプレーだったが、判定はセーフ。一気に同点のホームを踏み、チームを勢いづけた。
「一瞬歩いたんで」と笑った野間の走力は、12球団でも1、2を争うとも言われる。三塁ベースコーチの河田雄祐外野守備・走塁コーチは「ほかの選手とはワンランク違うものがある」と評価する。
ここ一番の起用に、雰囲気を変えられる選手になった。胃がんからの復帰を目指す赤松真人に勝るとも劣らない存在になってきた。
「ただかえってきているだけなんで」と苦笑いを浮かべるが、代走で出ればスタンドからは「走れ、走れ、タカヨシ」コールが起きる。相手投手のけん制も多く、配球も直球が多くなる。抜群の走力で、チームの37年ぶりの連覇に貢献したことは疑いようがない。
居場所をつかみ、切り札として能力を発揮した野間。しかし目指す場所はもちろんもっと上だ。鈴木誠也をして「誰よりもバットを振っている」。レギュラーを目指しながら、貢献を続ける。
写真=BBM

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.