東京2020オフィシャル商品である「明治プロカルヨーグルト」と「明治プロカルプリン」の発売を記念した「スマイルリレープロジェクト」キックオフ小学校特別授業が9月27日、中央区泰明小学校で開催された。スペシャルゲストとしてレスリング女子日本代表の吉田沙保里、伊調馨、元体操女子日本代表の田中理恵の3名がサプライズで登場し、プレゼント贈呈とスポーツ体験の特別授業が行われた。

画像: 特別授業を行った田中理恵、吉田沙保里、伊調馨(左から)

特別授業を行った田中理恵、吉田沙保里、伊調馨(左から)

 国民的ヒロインであるオリンピアン3名のサプライズ登場を、泰明小学校4年1組・2組の児童たちは大歓声で迎えた。
 オリンピック競技のサッカーとパラリンピック競技のボッチャが楽しめるスマイルリレープロジェクトキットは吉田から代表の児童3名に贈呈された。特別授業ではボッチャとレスリングの体験が行われ、児童たちはトップアスリートとの交流を深めた。
 4年生の児童たちは以前にも授業で取り組んだというボッチャを田中らと楽しみ、メダリストである吉田、伊調からレスリングの基礎的な練習についてコーチングを受けた。特別授業終了後、田中からの「今日は楽しかったですか?」との問いかけに児童全員が手を上げていた。吉田は「なかなかレスリングを体験することはないと思うが、こうした機会を作ってもらいレスリングを体験してもらえたことはうれしかった。ボッチャをする機会も少ないと思うが、体験することでスポーツに興味を持ってもらえるとうれしい」とコメントした。

 スマイルリレープロジェクトは、東京2020オリンピック・パラリンピックゴールドパートナーである明治が、未来を担う子どもたちの健やかな成長の実現に向け、小学校への体育教育用具の提供・環境整備に取り組むという、明治の新しい取り組み。東京2020オフィシャル商品である「明治プロカルヨーグルト」「明治プロカルプリン」など、ロゴが付いた商品の売り上げが、この取り組みをサポートし、日本全国の小学校に明治オリジナルの体育用具の贈呈に役立てられる。

This article is a sponsored article by
''.