画像: 【9月のナイスショット】
兄弟子の告別式で
焼香する元横綱若乃花

 

 秋場所直前の9月7日、世話人の友鵬さん(本名・長崎勝)が虚血性心不全のため60歳の若さで急逝しました。前日まで元気に国技館内で設営の作業をしていただけに、誰もが信じられない気持ちでいっぱいだったはずです。

 優しい人柄と満面の笑顔でみんなから愛された友鵬さん。秋場所2日目の11日に通夜、翌日に告別式が大嶽部屋で営まれ、本場所中にもかかわらず、多くの相撲協会関係者が弔問に訪れました。

 元横綱若乃花で現在はタレントとして活動している花田虎上さんも、最後のお別れに足を運びました。昭和63年に若貴兄弟が入門したとき、友鵬さんは現役の幕下力士で、一門の兄弟子として2人を気にかけ、大変かわいがっていたと聞きます。貴乃花親方は一門の総帥として、弔問客を出迎えていました。

 この写真は告別式で焼香する若乃花とそれをじっと見つめる貴乃花親方ですが、2人が同じフレームに収まるのは、父である二子山親方(元大関貴ノ花)の協会葬が行われた平成17年6月13日以来ではないでしょうか。

 若乃花が横綱に昇進するころから不仲が伝えられ、現在でも絶縁状態だそうですが、天国の友鵬さんは「兄弟なんだから、いいかげん仲直りしろよ」と思っているかもしれません。

This article is a sponsored article by
''.