画像: 広島市民球場で巨人・水原監督の殴打事件!【1960年10月2日】

広島市民球場で巨人・水原監督の殴打事件!【1960年10月2日】

11月19日には川上新監督(右)が就任会見。水原前監督も笑顔で握手していたのだが
プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は10月2日だ。
「1対1で勝負しよう!」
怒声が響いたのは、1960年10月2日、広島市民球場での広島─巨人ダブルヘッダーの後だった。この年、巨人、西鉄の監督としても優勝経験がある三原脩が万年最下位の大洋監督に就任。いきなり大旋風を起こし、巨人がこの日の1試合目に敗れた時点で球団初の優勝が確定していた。
水原監督は試合後のベンチ裏で、至近距離から盛んにシャッターを押していたカメラマンに「いい加減にしろ。撮るな!」と怒鳴り、それでも撮り続けた1人を何度か殴打。さらには冒頭の言葉を吐いてロッカールームに引きずり込もうとした。
このときは周囲がとりなし、冷静になった水原監督がカメラマン謝罪して収まったが、球団はすぐ水原監督を謹慎処分とし、翌日から閉幕まで川上哲治ヘッドコーチが監督代行として指揮を執り、11月19日になって川上の新監督就任、水原監督のフロント入りが発表された。
もともと水原は球団社長の品川主計と対立。オフの退任騒動は定番のようになっていた。それでも勝っていればよかったのが、56年から3年連続で三原監督率いる西鉄、59年には南海に日本シリーズで敗れ、4年連続で日本一に届かず、さらにこの年は、前述にように三原監督率いる大洋に敗れ優勝を逃した。シーズン終盤から監督交代は既定路線になっており、それを察知していた水原のフラストレーションが爆発した事件でもあった。
なお水原はその後、巨人を退団。12月8日に東映監督に就任している。
写真=BBM

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.