画像: 阪神・大山悠輔 まずは守備で認められ、次は......

阪神・大山悠輔 まずは守備で認められ、次は......

一塁の守備も無難にこなす大山。守備の良さを認められながら試合出場し真の大砲を目指している
シーズン終盤は、一塁の守備で多く試合出場しているが、一軍昇格当初は左翼の守備もこなしていたのが大山悠輔だ。
白鷗大時代は三塁手。金本監督は将来の四番候補として1位指名した。もちろん春季キャンプは三塁手として一軍で経験を積んだ。その姿に久慈内野守備走塁コーチは「守備はまったく心配していない」と太鼓判を押している。
柔らかなハンドリングのグラブさばきから、流れるような送球は、矢のような球でファーストミットに吸い込まれていく。しかし、開幕はベテラン鳥谷が三塁に座ることになった。大山自身もプロ対応の体力を付けるべく二軍で開幕を迎えた。
6月に一軍に上がったときには、成長を見せる打撃を生かすべく外野も守れる守備力を身につけていた。「守れる選手というのは大きい。レギュラーを取るための第一歩だから」と高代ヘッドコーチが言うように、左翼の守備も難なくこなす大山は、一塁手としても併用されながら試合出場を増やしていった。
一塁で出場していた原口がケガで戦列を離れると一塁に入る機会が多くなり、ロジャースの途中加入で一時出場機会が減ったが、不振になるとすぐに実戦の機会を得ている。金本監督も守りがいいこともあり、思い切って起用できるのだ。
大山自身も出場機会を増やすため、3つのグラブを使いこなすユーティリティープレーヤーながら、打撃では真の大砲を目指している。

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.