結局、何だかよくわからずに人に勧められるまま一足を買ってはみたけれど、果たしてそれが自分にとっての「ベスト」なのか…。ランニングシューズについて、そんな疑問を抱いたことはありませんか?

あるいは、実際に履いて走ってみると合わなかったり、足が痛くなったりで、どこかで眠ったままの“オールド”ニューシューズが1足、2足。意外とこれも「ランナーあるある」でしょう。

悪いのはもちろん「自分に合わない」シューズですが、再発予防を念頭に突き詰めていくと、自らの「無知」というところにも行き当たりませんか?

おはようございます。ランニングマガジン・クリール編集部です。あす10月21日(土)発売の最新号、2017年12月号ではスバリ、シューズを大特集!マイベストの一足をゲットするには最低限これだけは! という基礎知識から分類の仕方、「走力・タイム別×用途別」という新たな基準もご提案しています。また世界のメジャーブランドに迫る企画のほか、9月30日に10ブランド28モデルの出展があった「クリール・シューズトライアル2017」の参加者106人による採点結果も、新基準に則って発表しています。

おかげさまでクリールは創刊から満15年を迎えましたが、これほど大掛かりで熱を込めたシューズの特集は史上初。これに終わらず、第2弾3弾も予定しています。まずはその第1弾、ぜひご一読ください。

(Amazon)
www.amazon.co.jp/dp/B0762CHL9D

This article is a sponsored article by
''.