画像: 日本代表・堀江、カメラと新戦術の試み。2019年後は「きついでしょう」?

日本代表・堀江、カメラと新戦術の試み。2019年後は「きついでしょう」?

ラグビー日本代表は10月19日、同月下旬から約5週間あるツアーのメンバーを発表した。主将はリーチ マイケルとなった。2016年および17年6月のツアーで立川理道とともに主将を務めた堀江翔太は、「若い人が中心に動いた方がいい」と後輩たちのリーダーシップに期待する。
「あまり出しゃばったりはしないでおこうと思う。そうしなくてもしっかりしたリーダーがたくさんいるので、心配せずに、一緒にチームを作れたら」
チームはJAPAN XVとして28日の世界選抜戦(福岡のレベルファイブスタジアム)に挑んだ後、日本代表として11月4日にオーストラリア代表戦(神奈川の日産スタジアム)、18日にトンガ代表戦(フランスのスタッド・アーネスト・ワロン)、25日にフランス代表戦(フランスのUアリーナ)を予定する。
9月中旬からは、定期的にナショナル・デベロップメント・スコッド(NDS)という候補キャンプを実施。メンバー発表直前の候補合宿は17日までの3日間、都内であり(初日は集合のみ)、攻撃の連携やセットプレーのチェックに時間が割かれた。
今回から採用する攻めの枠組み上、堀江の務めるHOのポジションがより攻防の境界線へ仕掛ける機会が増えそう。堀江本人は、いつもの関西弁でこう実感を語った。
「おもしろいし、いままでどこにもやっていないようなところが好きな感じです。あとは(自身にパスを出すかどうかを決める)SHの判断次第やと思います。試合、練習で合わせながら、修正をしていかなあかんかな...と」
今度の合宿時、新たな試みがあった。実戦形式の練習時、HOとSHの選手がカメラ付きのヘッドキャップを着用。堀江もドレッド風のヘアの上を、ヘッドキャップで覆った。
「ボール持ってないところの動き、コミュニケーションをどうとっているのかがわかりやすいんじゃないかなと。SHは、でかすぎて前が見えないことがあったみたいですけど」
現在は国内トップリーグが開催中とあって、キャンプの直前とキャンプ解散後の週末には公式戦がある。特に10名が代表候補となったパナソニックは、21日に埼玉・熊谷陸上競技場でサントリーとの全勝対決を控えている。それだけに堀江も今度の日程に苦笑を禁じ得ないが、いざキックオフの笛が鳴れば言い訳なしで戦うだろう。
2019年のワールドカップ日本大会に向け、強化の時間は2年と限られている。2年後を33歳で迎える堀江は、その後について「そこまで深くは考えてないです」。代表引退を表明したわけでは決してないが、記者からの「次回大会が最後か」との問いにこう私見を明かす。
「さすがに、きついでしょう。現役は続けたいですが、(ワールドカップは)最後になるという考えでやろうとは思います」
イングランド大会開催前の2015年春に首を手術。「40歳まで現役は続けたい気持ちはある」と言うものの、いまの時点でコンディショニングには細心の注意を払わなくてはならない。相手をかわすランや意表を突くパスやキック、ピンチでこそ放たれる強烈なタックルはいつまで見られるだろうか。
(文:向 風見也)

rugby-rp.com

This article is a sponsored article by
''.