画像: 秋の人間模様と2018年シーズンの青写真

秋の人間模様と2018年シーズンの青写真

来シーズンの続投が決定した栗山監督。5位に沈んだチームをどう立て直していくのか、その手腕の真価が問われる1年になりそうだ
いよいよ、今週末からは日本シリーズが開幕するが、その一方でシーズンで敗れ去ったチームはすでに2018年シーズンへ向けて動き始めている。
日本ハムもそのうちの1チームだ。昨年の日本一から一転、5位に沈んだ悔しさばかりが残った1年。さらに今オフは大谷翔平のポスティングでのMLB移籍、中田翔、大野奨太、増井浩俊、宮西尚生のFA移籍も取り沙汰されており、チームはいま大きな転換期を迎えていると言える。
先日取材した秋季練習でも、さまざまなチームの移り変わり、人間模様を垣間見ることができた。来シーズンから二軍コーチを務めることが内定している飯山裕志が若手選手にノックを行い、グラブさばき、足の運びなどを身ぶり手ぶりで熱血指導。まだ正式にコーチングスタッフは発表されていないが、いぶし銀の新米コーチが新たな風を吹き込んでくれそうな期待感を感じた。
またその一方で、黄金時代を支えてきたあの選手も再出発へ歩みを進めていた。武田久。今シーズン限りでファイターズを退団し、現在は他球団からのオファー待ち。近年はケガもあって満足な成績を残せていないが、まだまだ現役への思いは強く、若手に交じってブルペンで精力的に投げ込む日々を送っている。今後も「ドラフトが終われば、いろいろ動いていくと思います」と、11月15日に開催される12球団トライアウトは受けずに、吉報を待つ。
ほかにも外野のレギュラーに定着した松本剛が二塁守備の練習を精力的に行い、横尾俊建は一塁、二塁、三塁、外野の守備練習。鍵谷陽平もカットボール、ツーシームなどの新球習得を目指し、先発ローテ入りを目指す石川直也、吉田佑樹らの若手も切磋琢磨しながらレベルアップに励んでいる。指導者として新たな野球人生を歩み始めた者、新天地での戦いを選んだ者、虎視眈々とレギュラーポジション獲得に意欲を燃やす者......。少しずつではあるが、2018年型ファイターズの青写真も見え始めてきている。
近年まれに見る嵐のストーブリーグになりそうな予感も漂う今オフだが、これまでも破壊と創造を繰り返し、躍進を遂げてきた日本ハムの歴史。就任8年目を迎える策士・栗山英樹監督がどうこのチームを立て直し、どんな選手をどのポジションで起用していくのか。これまでとはまた違った観点、いろんな意味で興味深いシーズンになりそうな期待感はある。
文=松井進作 写真=BBM

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.