画像: 【CSセ第5戦展望】冴えるDeNAの継投と沈黙する広島の代打

【CSセ第5戦展望】冴えるDeNAの継投と沈黙する広島の代打

DeNAは3連勝でCS突破に王手をかけた
■10月23日 CSファイナルステージ第4戦(マツダ広島)広島4-3DeNA
セ・リーグ初のレギュラーシーズン3位からのCS突破を狙うDeNAが第2戦から3連勝。日本シリーズ進出に王手をかけた。
CSファイナルSで冴えわたっているのがDeNA・ラミレス監督の采配だ。10月23日の第4戦では先発に中5日のウィーランドを起用。初回に3点を失っても続投させ、ウィーランドは6回途中まで投げて初回の3失点のみ。さらに3度回ってきた打席ではすべて出塁し、特に1対3の5回には先頭打者で四球を選び、一挙3点を奪って逆転する起点となった。
1点差で無死満塁とされた6回の守備では一転、ウィーランドから砂田毅樹、三上朋也、エスコバーと、1点を守り抜いた第3戦を再現するようなマシンガン継投で失点を防ぎ、7回からは先発予想もあった今永昇太をマウンドへ。今永が2イニングを抑えると、9回はクローザーの山崎康晃が無失点に抑えて逃げ切った。
メリハリの利いた選手起用で広島を翻ろう。勝ち星でも、精神的にも大きく優位に立っている。
対する広島は頼みの打線がいまだに本調子ではない。第4戦では初回に丸佳浩の2ランなどで3点を奪ったもののその後は得点できず。ここまでの4試合で得点したのは4イニングのみと単発的な攻撃に終わっている。
この日も1点ビハインドの6回に無死満塁の絶好機を作ったが、2人の代打を起用しながらも無得点と最悪の結果に。代打は第1戦から合わせると11打数無安打と結果を残せていない。
シーズン中には西川龍馬やバティスタ、新井貴浩、エルドレッドらが試合終盤の切り札に控えた時期もあったが、故障者が続いた影響で窮地の打開策は大幅に減っている。現状では得意の逆転劇を望むのは難しいかもしれない。
広島は今村猛、一岡竜司、ジャクソン、中崎翔太ら救援の力を生かしたい。そのためにも5回までにリードを奪いたいところ。先発が濃厚な野村祐輔は中4日の登板となるだけに、できるだけ早い回に得点して有利な状況を作れるか。
対するDeNAは中5日の石田健大が有力。第1戦に先発した石田は敗戦投手となったが、4回までは広島打線を無安打に抑えている。再びの好投で序盤にペースをつかませなければ、日本シリーズが近づくこととなるだろう。
文=吉見淳司 写真=小山真司

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.