雨天の影響で予備節まで持ち越された日本女子2部リーグ第5節(順位決定節)が、10月24日に無事に全日程を消化し、2部リーグの最終順位が決まりました。

注目の優勝決定戦!

 優勝決定戦はNECプラットフォームズ(アドバンスセクション1位)vs大垣ミナモクラブ(ホープセクション1位)の対戦となりました。両チームはまずセクション1位戦(10月14日)で対決。このときは3-2でNECプラットフォームズが勝利していました。敗れた大垣ミナモクラブは、セクション2位戦を勝ち上がってきた靜甲(アドバンスセクション2位)との敗者復活戦にまわり、3-1で勝利。NECプラットフォームズとの優勝決定戦での再戦が決定しました。

 1部昇格を懸けた試合は、激しい打ち合いとなりました。3回を終えて3-1と、試合序盤は大垣ミナモがリードを奪いましたが、4回にNECプラットフォームズが和田美樹主将の満塁弾で逆転に成功します。すると、今度は大垣ミナモが5回に兼益明日香の2ランで同点に追い付く粘りを見せます。6回を終えて5-5と両者一歩も譲りません。

 しかし6回裏、勢いに乗った大垣ミナモが一気にたたみかけます。小泉あい、小泉ゆい姉妹の適時打で2点を奪うと、兼益がダメ押しの3点適時二塁打。2番手の裁ひかる、3番手の邱安汝がこのリードを守り切り10-6で勝利しました。

 2010年2月に、2年後の岐阜国体に向けて立ち上がった大垣ミナモクラブ。13年に日本女子リーグ参入を果たし、5年目にして悲願の1部昇格を果たしました。なお、日本女子1部リーグにクラブチームが挑戦するのは同チームが初となります。

 大垣ミナモクラブの優勝で幕を閉じた2部の最終順位は下記の通りです。

日本女子2部リーグ最終順位

1位 大垣ミナモクラブ
2位 NECプラットフォームズ
3位 靜甲
4位 大和電機工業
5位 Dream Citrine
6位 厚木SC
7位 YKK
8位 東海理化
9位 花王コスメ小田原
10位 takagi北九州 Water Wave
11位 平林金属
12位 甲賀健康医療専門学校
13位 日本ウェルネススポーツ大学
14位 ペヤング

画像: 岐阜の西濃地域の企業10社、そして地元のファンに支えられ成長を遂げてきた大垣ミナモクラブが、遂に1部昇格を果たした

岐阜の西濃地域の企業10社、そして地元のファンに支えられ成長を遂げてきた大垣ミナモクラブが、遂に1部昇格を果たした

This article is a sponsored article by
''.