「ポジション別グラブの特徴と捕球ポイント」

 グラブは守備位置によって種類が違います。それぞれの特徴についてお話しましょう。

 まず投手用は人さし指部分にカバーがついています。これは細かい指の動きで球種を悟られないようにするためで、同じ理由からウエブの部分も隙間なく作られています。型としてはあまり柔らかくしないのが一般的。もちろんポケットは作りますが、柔らか過ぎるとクセが出やすくなってしまいます。また、リリースポイントで力を入れようとするとグラブ側の手にも力が入ります。このときにグッと力を入れやすい硬さがちょうどいいと思います。

 捕手用は「ミット」と言われるとおり、綿が詰まって頑丈に作られています。強い球を何球も受けるわけですから、それをしっかりと吸収できるようになっているのです。型の付け方には人それぞれに好みもあるでしょう。私の場合は親指側の部分を少し内側へ入れ、親指の付け根あたりを深くしていました。これは、捕球後に球が網のほうへズレてほしくないから。またキャッチングですが、投手に捕球面をしっかりと見せて芯で捕ることが大事。気を抜くとミットが垂れてしまいやすいので、習慣づけてほしいです。それと、捕る際は投手のタイミングに合わせること。元・ヤクルトの古田敦也さんのように手首を柔らかく使い、ミットをいったん下げてタイミングを取る人もいれば、元・中日の谷繁元信さんのように捕球面を見せ続けたまま、ヒジを微妙に前後させる動きでタイミングを取る人もいます。ただ前者は難しい技術なので、まずは後者のようなクセをつけてほしいです。そして低めのボールを捕球する瞬間に親指を少しだけ上げるようにすると、ミットは下に垂れません。

 続いて一塁手用。こちらも「ミット」と呼ばれていて全体が大きく、指が長く作られています。一塁手は内野からの送球を受けることが多いため、難しいバウンドでも指先に引っ掛けて捕れるようになっているのです。型としては芯のポケットを深めに作ります。外野手もそうですが、一塁手は捕ってから握り替えて投げるプレーが少ないので、捕球を重視してしっかりとつかめるようにするのが良いでしょう。一方で素早く握り替えて投げなければならない状況では、そもそも捕球の時点からやや浅い位置で捕ることが大切です。

 二遊間のグラブは、逆に小さくて浅めになっています。これは捕ってからすぐ投げるプレーが多いため。そして以前にも紹介したとおり、握り替えを重視する場合は中指や薬指に近い位置、ガッチリと捕りたい場合は人さし指と親指の間の水かきあたりと、捕球する場所を使い分けることが大事です。またゴロ捕球に関しては、球をあまり正面に置かないこともポイント。人間は前後の距離感をつかみにくいもので、打球を少し横から見るとバウンドが合わせやすくなります。捕球後は自分の左側へ投げることがほとんどなので、やや右側から打球を見ていくのが良いでしょう。そして目線がブレないようにしながら、グラブを下から上に使うこと。バウンドは地面に着いてから上がるもので、常に「下から上」という軌道です。これに対してグラブを上から下に落とすとピンポイントで合わせなければなりませんが、「下から上」なら球がグラブに入る場所がたくさんあるのです。私の現役時代、名手として知られる宮本慎也さん(元・ヤクルト)も「バウンドが合わないと思ったときはとりあえずグラブを下に置け」と仰っていました。一塁手のグラブさばきでも同じことが言えます。

画像: 写真は山田哲人(ヤクルト)のグラブ(2016年使用)

写真は山田哲人(ヤクルト)のグラブ(2016年使用)

 さて、三塁手は打者との距離が近く、速い打球にとっさに反応してガッチリつかまなければなりません。また、握り替える時間も二遊間に比べて猶予があるため、グラブは少し大きく作られています。型については、やはりポケットを少し深めに作ると良いでしょう。なお一塁手も同じですが、速い打球への反応を高めるためにも、三塁手は最初から低く構えるのが一般的。逆に二遊間などは走って動く距離も長いため、動く方向が多岐にわたることも踏まえて少し腰高に構えます。

 最後に外野手用。少しでも球際に強くなるように全体が大きく、指先が長くなっています。型としてはポケットを深めに。小指の部分に薬指と小指を入れるのが主流ですが、こうすることで指先が長くても力が伝わってしっかり閉じることができます。また最近では背面(手の甲側)でもヒモを通し、それぞれの指をしっかりつなぐ構造にもなっていますが、これも指先をしっかり扱うための工夫です。外野手はフライを捕ることが多いですが、顔の真正面で捕ろうとし過ぎると打球とグラブが重なって肝心なところが見えなくなってしまいます。素手で捕球するときと同じ感覚で、右投げならば左肩の前あたりにグラブを置くのが良いでしょう。

PROFILE
うさみ・やすひろ/1975年12月18日生まれ。北海道出身。稚内大谷高から94年ドラフト6位でヤクルト入団。3年目に捕手から内野手にコンバート、両打ちにも挑戦した。2000年に現役を引退。16年、埼玉県戸田市(JR戸田公園駅徒歩7分)に野球用品専門店「ロクハチ野球工房」(http://68-labo.jp/)をオープン。

This article is a sponsored article by
''.