WRESTLE‐1「WRESTLE-1 TOUR 2017 AUTUMN BOUT」
★11月12日(日)埼玉・えすぽわーる伊佐沼(観衆172人)

 WRESTLE-1の頂点に位置するW-1チャンピオンシップ王者として6度の防衛に成功し、最長防衛記録を更新中の芦野祥太郎は、12・10後楽園大会では昨年9月のデビューからキャリア1年3カ月の若手・伊藤貴則を挑戦者に迎える。

 この日は前哨戦第1ラウンドを兼ねたUWA世界6人タッグ王座戦で伊藤と激突。伊藤に見せ場を作らせないまま、最後は稲葉大樹を必殺のアンクルロックで仕留めて6人タッグ王座の防衛を果たした。

 試合後に伊藤の手応えを問われた芦野は「特にないですね」とバッサリ。そして「挑戦したいと言ってきた人間を挑戦させるのは、もう伊藤で終わり。この(ベルトの)価値を高めていくには唐突に出てきた人間を挑戦させちゃいけない」と問題提起。

 1カ月後のタイトルマッチで待っているのは、盤石の防衛か、それとも番狂わせか。

試合結果

近藤と土肥がタッグ王座戦を前に乱闘
①30分1本勝負
○河野真幸&近藤修司(7分29秒、片エビ固め)土肥孝司&馬場拓海●
※ランニングニー

②30分1本勝負
○ジェイク・オーメン(6分28秒、片エビ固め)佐藤嗣崇●
※トラースキック

アンディがあらためてドランクとの一騎打ち要求
③3WAYマッチ(30分1本勝負)
○アンディ・ウー(7分5秒、片エビ固め)三富政行●
※飛鴻。もう1人はドランク・アンディ

征矢、最強タッグで1勝もできなかったら丸坊主?
④30分1本勝負
征矢学&○NOSAWA論外(8分48秒、片エビ固め)タナカ岩石&一●
※シャイニング・論ザード

吉岡がクルーザー挑戦者・土方に「あんまりプロレスやってないんでしょ」
⑤30分1本勝負
カズ・ハヤシ&○土方隆司(12分7秒、体固め)吉岡世起&頓所隼●
※変形フィッシャーマンバスター

熊ゴロー、吠えまくる。その理由は…
⑥30分1本勝負
○火野裕士(7分32秒、体固め)熊ゴロー●
※FuckingBOMB

芦野、伊藤は眼中になし
⑦UWA世界6人タッグ選手権試合(60分1本勝負)
<王者組>○芦野祥太郎&児玉裕輔&立花誠吾(15分40秒、アンクルロック)稲葉大樹●&黒潮“イケメン”二郎&伊藤貴則<挑戦者組>
※第60代王者組が初防衛に成功

画像: アンクルロックで稲葉を仕留めた芦野

アンクルロックで稲葉を仕留めた芦野

今大会の試合詳細、バックステージコメントは以下のサイトを参照。

This article is a sponsored article by
''.