166cm43㎏でパイプ椅子に座ると、不自然にヒザが立ってしまう。その欧米人も顔負けの“美脚”にも注目です! 長距離ランナーは総じて痩身、エリート選手となればなおのことですが、その中にあっても際立つコンパスの持ち主、前田穂南選手(天満屋)が本日26日開催のクイーンズ駅伝(第37回全日本実業団女子駅)にて、5区(10㎞)で出走予定です。

天満屋の武冨豊監督が「とにかく走るのが好きな子。芯も強い」と評する前田選手は、あどけないスマイルも魅力の21歳。ことし9月27日の北海道マラソンで優勝(2時間28分48秒)し、2020年東京五輪代表を決める一発選考レース(MGC)への出場権ゲット第一号となりました。大阪薫英女学院高から社会人入りして3年目、マラソン2レース目にして初優勝。まだ「ウィキペディア」にも登場していませんが、要注目の女子マラソン選手です。

「自分のことよりもチームのために走ります!」
ぜひ、その目で“金の卵”の走りをご覧ください。号砲まであと3時間。TBS系列で生放送されます。

This article is a sponsored article by
''.