アメリカンフットボールの日本社会人・Xリーグは11月28日、2017年シーズンの最優秀選手(MVP)、最優秀新人、オールXリーグ(オフェンス11人、ディフェンス11人、スペシャルチーム3人)、フェアプレー賞(チーム)を発表した。

MVPにはパナソニックインパルスのQBベンジャミン・アンダーソンが選ばれた。アンダーソンは米NCAAのアーカンソー大学パインブラフ校の出身で、2015年に来日し、ノジマ相模原ライズに所属してQBとしてプレーしたが1シーズンで帰国。今春、パナソニックに加入して、エースQBとしてチームのレギュラーシーズン6戦全勝に大きく貢献した。レギュラーシーズンの成績は、パス78回で45回成功、610ヤード6TD。成功率は57.7%ながら、被インターセプトが1本もなかった。ランでは65回513ヤードで、西地区1位となり7TDをマークした。

最優秀新人はオービックシーガルズのRB李卓に決まった。李は慶応義塾大学から今春加入し、チームのトップとなるラン51回268ヤード、1TDの成績だった。フィールドを切り裂く鋭い走りは、スタッツ以上の強い印象を残した。

画像: ランとパスで共に活躍、2017年の最優秀選手に選ばれたQBベンジャミン・アンダーソン(パナソニック).jpg

ランとパスで共に活躍、2017年の最優秀選手に選ばれたQBベンジャミン・アンダーソン(パナソニック).jpg

画像: フィールドを切り裂く鋭い走りで、最優秀新人選手に選ばれたRB李卓(オービック).jpg

フィールドを切り裂く鋭い走りで、最優秀新人選手に選ばれたRB李卓(オービック).jpg

木下、小林、西村が最多6回目の選出

オールXリーグは、個人として最多選出はOL小林祐太郎、K西村豪哲(いずれも富士通)、R木下典明(オービック)の6回。OL坂口友章、DLカールトン・ジョーンズ(いずれもパナソニック)、WR八木雄平、QBデヴィン・ガードナー(いずれもノジマ相模原)、RB白神有貴(LIXIL)、DL 仲里広章、LB 岩本卓也(いずれもオービック)の7人が初選出となった。チーム別ではパナソニックと富士通の7人選出が最多。オービックが5人で続いた。米国人選手は25人中10人(デイヴィッド・モトゥは日本人枠)を占めた。

画像: リターナーで3回目,過去のWRと合わせて6回目のオールXリーグ選出となった木下典明(オービック)

リターナーで3回目,過去のWRと合わせて6回目のオールXリーグ選出となった木下典明(オービック)

◇2017オールXリーグ

■最優秀オフェンス11人

【OL】
C エドモンド・デイヴィス(パナソニックインパルス/3回目)
G 望月俊(富士通フロンティアーズ/4回目)
G 坂口友章(パナソニックインパルス/初選出)
T 小林祐太郎(富士通フロンティアーズ/6回目)
T ケアラカイ・マイアバ(オービックシーガルズ/3回目)
【TE・WR】
TE スタントン・ジョン(IBMビッグブルー/4回目)
WR 中村輝晃クラーク(富士通フロンティアーズ/3回目)
WR 八木雄平(ノジマ相模原ライズ/初選出)
【QB・RB】
QB デヴィン・ガードナー(ノジマ相模原ライズ/初選出)
RB ジーノ・ゴードン(富士通フロンティアーズ/3回目)
RB 白神有貴(LIXILディアーズ/初選出)

■最優秀ディフェンス11人
【DL】
DL デイヴィッド・モトゥ(パナソニックインパルス/4回目)
DL 仲里広章(オービックシーガルズ/初選出)
DL ブルックス・ジェームス(IBMビッグブルー/4回目)
DL カールトン・ジョーンズ(パナソニックインパルス/初選出)
【LB】
LB トラショーン・ニクソン(富士通フロンティアーズ/2回目)
LB 天谷謙介(LIXILディアーズ/2回目)
LB 岩本卓也(オービックシーガルズ/初選出)
【DB】
DB アルリワン・アディヤミ(富士通フロンティアーズ/5回目)
DB 藤本将司(オービックシーガルズ/5回目)
DB エモリー・ポリー(パナソニックインパルス/2回目)
DB 辻篤志(パナソニックインパルス/3回目)

■最優秀スペシャルチーム3人
K 西村豪哲(富士通フロンティアーズ/6回目)
P 佐伯眞太郎(パナソニックインパルス/3回目)
R 木下典明(オービックシーガルズ/6回目=Rとして3回目、過去にWRとしても3回選出)

ジャパンXボウル当日に、午後4時45分より東京ドームバックネット特設ステージにて、最優秀選手、最優秀新人、オールX、フェアプレー賞の各表彰式を行なう。

Xリーグでは2000年シーズンよりリーグ戦で活躍した優秀な選手を表彰し、オールXリーグチームを選出している。選考対象は攻撃11名、守備11名、スペシャルチーム3名の計25名。Xリーグ所属の18チームから1チーム当たり5名のコーチおよび選手が所属地区の自チーム以外の選手に対してポジション別に投票を行い、これを社会人協会、各メディアの担当者から構成されるオールXリーグ選考委員会において総合的な評価、選考を経て決定した。

画像: 2013年に来日以来、5年連続でオールXリーグ選出のDBアルリワン・アディヤミ(富士通)

2013年に来日以来、5年連続でオールXリーグ選出のDBアルリワン・アディヤミ(富士通)

This article is a sponsored article by
''.