正しいボールの握り方とスローイング

 プロで初めて一軍の練習に参加したとき、私は周りの選手のスローイングの精度の高さに衝撃を受けました。その中でもずば抜けていたのが、古田敦也さんと宮本慎也さん。あの2人が投げるボールは本当にキレイな回転で、捕ってから投げやすいところへ送球してくれました。ただ「胸付近」に来るのではなく、たとえば捕球後に左側へ転送したいケースでは「やや左肩寄りの胸」にピンポイントで来ました。キャッチボールでもボール回しでもシートノックでも、勝手にボールがグラブにスッと吸い込まれてくれるような感覚があるのです。キャッチボールは投げて終わりではなく、相手が捕ることで終わるもの。それを理解し、相手が捕りやすいところへ常に投げられるように意識してスローイングすること。普段からそうやって1球ずつていねいに投げているからこそ、正確なコントロールが身につくのです。皆さんもスローイングを安定させるためにしっかりとこだわってもらいたい点です。

 そしてもう一つ私が伝えたいのは、正しいボールの握り方でキャッチボールをしよう、ということです。これまで少年野球の指導に携わってきて感じたことですが、実は正しいボールの握り方を知らずに練習をしている子どもは非常に多いです。ポイントを詳しく説明すると、右投げの場合、まずは自分から見てボールの縫い目が平仮名の「つ」に見えるように向けます。この状態から縫い目に合わせて人さし指と中指を添えていくのですが、人さし指は中指よりも短いので、縫い目が下がっているほうに人さし指、縫い目が上がっているほうに中指を添えます。こうすると2本の指が縫い目にリリースの最後までしっかりと掛かり、回転を伝えやすくなります。2本の指の間は、指1本分くらい空けておくと良いでしょう。ピッタリくっつけてもいいのですが、より鋭い回転を与えることができる反面、ボールの回転軸が安定しにくくコントロールが難しいデメリットもあります。逆に言えば正しい回転を覚えるために、あえて2本の指をくっつけて練習してみることは効果的かもしれません。

 さて、人さし指と中指を置いたら、指1本分空けたところのちょうど真下に親指が来るようにし、3点でボールを支えます。こうすると握り方が安定するため、コントロールしやすくなります。ここで注意してほしいのは、親指の支え方。腹の部分で強く押さえようとしている人をよく見ますが、そうすると手首までガッチリと固まってしまい、投げるときにスナップを利かせることができません。ですから親指はやや斜めにし、側面でボールを支えること。また、親指と人さし指の間の水かき部分がボールにくっつくとやはりスナップが利かないので、深く握り過ぎずに少し隙間を空けることが重要です。薬指と小指は特に意識せず、自然にボールを支えればいいと思います。

正しいボールの向きで人さし指と中指を縫い目に掛け、親指の側面で真下を支える。3点の位置が正しければコントロールは安定しやすく、手とボールに適度な空間が生まれてスナップも利かせることができる

 ここまでボールの握り方のポイントを紹介しましたが、大切なのはこれが無意識のうちにできるように、感覚として理解することです。そのためには面倒でも、最初のうちはキャッチボールで1球ずつ握り方を確認してください。あとは手のひらにボールを当ててパッと握り替えるなど、普段からボールの感触を確かめることも大事。そうやって積み重ねることで、ボールを握ったときの縫い目に当たる感覚、ボールが離れるときの指先の感覚などが養えるのです。

 続いて、スローイングのポイントを説明します。と言ってもキャッチボールで意識してほしいのは、とにかく投げる前にしっかりとステップ足を上げて立つこと。これだけです。まず軸足でしっかりと立つことができなければフォームが崩れ、最終的にリリースポイントがずれてコントロールが安定しません。1球ごとに足をグッと上げるのは意外と面倒に感じるかもしれませんが、投げるという動作のスタートになる部分ですからしっかりと意識してもらいたいです。私が少年野球の監督をしていたときは、足を上げて5秒止めてから投げるようにさせていました。これを積み重ねていくと、軸足のつま先の方向や上げた足のヒザの向き、体幹が安定するバランス、股関節に体重を乗せる感覚など、いろいろなことを感じることができるようになります。

 一つひとつ意識して行うのは最初のうちは面倒かもしれませんが、キャッチボールの精度を高めるためにはこの基本をしっかりと身につけるしかないのです。この基本を身につけることができれば、古田さんや宮本さんのようにどんな場面でも正確なスローイングができるようになると思います。コツコツが勝つコツ! 皆さん頑張ってください。

--PROFILE
うさみ・やすひろ/1975年12月18日生まれ。北海道出身。稚内大谷高から94年ドラフト6位でヤクルト入団。3年目に捕手から内野手にコンバート、両打ちにも挑戦した。2000年に現役を引退。16年、埼玉県戸田市(JR戸田公園駅徒歩7分)に野球用品専門店「ロクハチ野球工房」(http://68-labo.jp/)をオープン。--

This article is a sponsored article by
''.