『高円宮杯サッカーリーグ2017 プレミアリーグ』は、12月10日に第18節(最終節)を終え、EAST王者とWEST王者が決定した。
 清水エスパルスユース(1位)、FC東京U-18(2位)、青森山田高校(3位)の3チームの争いとなったEASTは、清水が柏レイソルU-18に1-2で敗れ、FC東京が青森山田を3-2で下したため、FC東京が首位奪取。歓喜の初優勝(上の写真)となった。
 また、同勝ち点だったヴィッセル神戸U-18(1位)とサンフレッチェ広島F.Cユース(2位)が優勝を争ったWESTは、神戸が阪南大学高校に、広島は神戸弘陵学園高校にぞれぞれ勝利。その中、得失点差で広島を上回った神戸が4年ぶりの優勝を飾った。
 その結果、『チャンピオンシップ』のカードは「FC東京U-18 対 ヴィッセル神戸U-18」に決まった。試合は12月17日(日)の13時から、埼玉スタジアムで行なわれる(以下、提供:日本サッカー協会)。


【EAST優勝監督コメント】
FC東京U-18
佐藤一樹・監督
「昨年は最終節で敗れ、先輩たちが宿題を残してくれました。それを一年越しにクリアしましたが、その意味では、今年一年だけでつかんだタイトルではありません。歴代の選手や監督・スタッフ、そして本当に熱いサポーターが声援を送ってくださり、そのような人々の思いが実を結んだのではないかとも思います。何より、青森山田と清水のおかげで我々はここまで来ることができました。2チームに敬意を表し、今後も切磋琢磨し、互いにさらに成長を続けていきたいと思います」

【WEST優勝監督コメント】
ヴィッセル神戸U-18
野田知・監督
「今年のチームは、テクニカルな選手よりもフィジカルな部分や気持ちを出せる選手が多いのですが、1試合1試合成長する中で、技術的な部分もついてきたという感じがしています。選手たちがひたむきに一生懸命やってくれた結果なので、褒めてあげたいです。ただもう1試合(チャンピオンシップ)あるので、浮ついた気分にさせないように締めながら、1週間しっかり準備をしたいです。4年前はPKで敗れているので、今回は日本一を狙っていきたいと思います」

※他会場の結果と最終の順位表は以下の通り

<EAST 第18節(最終節)>
浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉県)
1-1
鹿島アントラーズユース(茨城県)
会場:浦和駒場スタジアム

大宮アルディージャユース(埼玉県)
2-2
京都サンガF.C. U-18(京都府)
会場:東洋大学朝霞キャンパスグランド

船橋市立船橋高校(千葉県)
2-0
横浜F・マリノスユース(神奈川県)
会場:船橋市法典公園(グラスポ)球技場

FC東京U-18(東京都)
3-2
青森山田高校(青森県)
会場:東京ガス武蔵野苑多目的グランド(人工芝)

清水エスパルスユース(静岡県)
1-2
柏レイソルU-18(千葉県)
会場:清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP)

順位 チーム名
1 FC東京U-18(東京都)
2 清水エスパルスユース(静岡県)
3 青森山田高校(青森県)
4 鹿島アントラーズユース(茨城県)
5 柏レイソルU-18(千葉県)
6 京都サンガF.C. U-18(京都府)
7 船橋市立船橋高校(千葉県)
8 浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉県)
9 大宮アルディージャユース(埼玉県)
10 横浜F・マリノスユース(神奈川県)

画像: WESTを4年ぶりに制したヴィッセル神戸U-18

WESTを4年ぶりに制したヴィッセル神戸U-18

<WEST 第18節(最終節)>
ガンバ大阪ユース(大阪府)
1-0
米子北高校(鳥取県)
会場:OFA万博フットボールセンター

阪南大学高校(大阪府)
0-1
ヴィッセル神戸U-18(兵庫県)
会場:阪南大学高見の里グラウンド

サンフレッチェ広島F.Cユース(広島県)
1-0
神戸弘陵学園高校(兵庫県)
会場:吉田サッカー公園

アビスパ福岡U-18(福岡県)
5-1
大津高校(熊本県)
会場:雁の巣レクリエーションセンター

東福岡高校(福岡県)
2-0
セレッソ大阪U-18(大阪府)
会場:東福岡高校

順位 チーム名
1 ヴィッセル神戸U-18(兵庫県)
2 サンフレッチェ広島F.Cユース(広島県)
3 ガンバ大阪ユース(大阪府)
4 東福岡高校(福岡県)
5 セレッソ大阪U-18(大阪府)
6 阪南大学高校(大阪府)
7 米子北高校(鳥取県)
8 アビスパ福岡U-18(福岡県)
9 神戸弘陵学園高校(兵庫県)
10 大津高校(熊本県)

This article is a sponsored article by
''.