最近は暗い話題ばかりの相撲界ですが、12月18日、伊勢ケ濱部屋の宝富士関が新婦の英莉乃さん(24歳)とともに結婚会見を行い、久しぶりの明るいニュースに取材する側も笑顔が弾けました。

 日馬富士関の引退会見では涙を見せた師匠の伊勢ケ濱親方(元横綱旭富士)も、最初から最後まで会見の様子を、報道陣の頭越しに笑顔で見守りました。

 2人が初めて出会ったのは2年前の秋巡業中。後援者に食事に誘われ、その席に英莉乃さんがいたそうです。「すごいきれいで可愛くて、笑顔が素敵だった」と宝富士関は一目ぼれ。2カ月後に再会したときに交際を申し込み、順調に愛をはぐくんできました。

 今年になって「自分ももう30歳になるので」と結婚を意識し出した宝富士関は、8月28日、英莉乃さんの家でプロポーズ。「ボクと結婚してください」の言葉とともに、ひざまずいて2カラットのダイヤモンドの指輪を差し出しました。「お願いします」と快諾した英莉乃さんは、「うれしくて泣いてしまった」そうです。そして、秋場所2日目の9月11日に婚姻届を提出しました。

 タレントのマツコ・デラックス似で知られる宝富士関ですが、英莉乃さんによると「かっこいい」とのこと。「誠実でとても真面目なので、幸せになれると思いました」と語ります。

 会見後、外に出てプロポーズの再現を求めるカメラマンの要望に、「一生に一度のことですから」と快く応じてくれた誠実な宝富士関。お姫様抱っこでキスのリクエストにも応え、「これからも上を目指して頑張っていきたい」とさらなる飛躍を誓っていました。

文=山口亜土

This article is a sponsored article by
''.