日本スポーツ産業学会が、標記のテーマについて下記の通りセミナーを開催します。

 Jリーグは、動画配信大手の英パフォームグループと2017年から10年間の放映権契約を結ぶと正式に発表しました。契約金額は総額2100億円強と、年間ベースで現在の7倍に跳ね上がりましたが、パフォームは格安の料金で試合を中継しています。
 カラクリは映像の受け皿。スポーツ視聴の魅力を高める「ライブ」に強いスマートフォンが、従来のテレビに代わって主役になったからです。Jリーグの巨額契約は、日本の映像ビジネスの転換点を象徴しているのではないでしょうか。

 今回、Jリーグの映像管理や公式データ制作、公認ファンサイト「J’s GOAL」の運営などを担う、Jリーグメディアプロモーションの岩貞和明氏を講師に迎え、 映像ビジネスの変化について語っていただきます。
 詳細は以下の通り。

日程:2018年1月29日(月)
時間:19:00~20:30
場所:順天堂大学本郷・御茶ノ水キャンパス第2教育棟(国際教養学部)301教室(東京都文京区本郷2-1-1)
受講料:一般3000円、学会員2000円、学生1000円
申し込み:HPより

■問い合わせ先:日本スポーツ産業学会事務局
jssi@spo-sun.gr.jp
https://spo-sun.gr.jp/

学会詳細URL:https://spo-sun.gr.jp/event/2506

This article is a sponsored article by
''.