2018年2月号が完成いたしました。
特集は「ミスを科学する―失敗をどう捉え、分析し、次に生かすのか―」です。
スポーツにおいて、ミスはつきもの。特に試合の大切な場面において、ミスをなくすためにはどうしたらよいのでしょうか。
人間がミスをするメカニズムについて、心理的・脳科学的観点から考察しました。さらに、データ分析からの失敗の洗い出しとその生かし方を紹介しています。そのほかに、現場指導者や審判の目線や、専門家による「イップス」の考察も掲載します。
またアスリートへは、埼玉西武ライオンズの菊池雄星投手、剣道教士七段の桜木哲史氏にインタビュー。それぞれの「ミスを科学」していただきました。

スポーツ庁・鈴木大地長官の連載は第2回。今回から2号にわたって、学校体育をより魅力的なものに変え、「スポーツ嫌いな子どもを減らす」ための取り組みについてご紹介いただきます。

2017年最後の号となる最新号は明後日、27日(水)の発売です。ぜひご覧ください!
今年も『コーチング・クリニック』をお読みいただき、誠にありがとうございました。
来年からも、どうぞよろしくお願いいたします!

This article is a sponsored article by
''.