スポーツにミスはつきもの。重要なのは、ミスを最小限にとどめることはもちろん、起こってしまったミスをどのように捉え、次に生かすかだ。たった1人でマウンドに立ち、試合の流れをつくっていく野球のピッチャーの場合、そのためには精神面でのコントロールが欠かせない。
投球フォームやトレーニングの改善を図り、試行錯誤を続けてきた、西武ライオンズの菊池雄星投手。その結果、2017年シーズンは最多勝や最優秀防御率など、数々の栄光に輝いた。そんな菊池投手は、これまでの何を失敗と捉え、いかにして成功につなげてきたのだろうか。

フォームの改革―自身を俯瞰する視点―

――ピッチャーのミスの1つに「制球ミス」がありますが、それについてはどうお考えですか。
菊池 僕は球をコントロールして投げ分けるタイプではないので、制球に関してはそこまで意識は向けていません。「狙ったところに投げよう」と思うよりも「いいフォームで投げた結果として、狙ったところに球が行く」というのが理想です。僕にとって、制球ミスを防ぐためには、よいフォームで投げることがすべてだと考えています。同じように着地し、同じように投げれば、球は常に同じところに行くはずで、その精度や再現性をいかに高められるかがピッチングにおいて大事なことだと考えています。

――確かに、菊池投手はフォームの改革に熱心に取り組んでこられました。
菊池 2017年シーズンに関しては満足しているのですが、その前まではずっと球に課題があると思っていたので、フォームを見直すことに注力していました。しかし、課題の有無にかかわらず、昨シーズンよりよいものを求めていこうとすれば、必然的に「フォームをもっと改善したい」という考えに行き着きます。

――新たなフォームを習得するまでには試行錯誤されたかと思います。例えば習得までの間に失投などのミスをしてしまったとき、気持ちをどう切り替えていくのでしょうか。
菊池 どんなときでも、感情を入れずに機械のように投げるんだと自分に言い聞かせています。あとは、投げている自分を俯瞰で見ることを心掛けています。菊池雄星というピッチャーが投げているのを僕自身が後方から見ていて、「フォームが崩れてきたから、もう少し意識するといいぞ」などと、自分を第三者的な目線から操れている状態が僕にとってのベストです。これは、ミスをしたときの気持ちの切り替えの面でも大切ですし、ミスを未然に防ぐことにもつながると思います。

フォームだけでなく、メンタルやトレーニングにも試行錯誤を重ね、昨シーズンでは最多勝、ゴールデン・グラブ賞など、輝かしい成績を収めた

常にシンプルな生活を心がける

――俯瞰で見ることにはテクニックを要すると思いますが、意識的に訓練していることはありますか。
菊池 普段の生活を常にシンプルに過ごすことを心掛けています。オーバーワークで疲れたり、情報が溢れすぎてしまったりすると、ノイズが多くなって自分自身を客観視することができなくなってしまうので、生活に無駄な情報を入れないようにして、心がフラットな状態を保てるようにしています。そうすることで、自らを客観視できるようになり、「もう少しトレーニングしたほうがいい」「少し頑張りすぎているから休んだほうがいい」などと、自分自身にアドバイスを送れるようになります。「来年の自分だったら今どんな選択をするのがベストだと思うか」「超一流選手だったらどうするか」と考えたりすることを学びました。

――普段から具体的に取り組んでいることはありますか。
菊池 情報から遮断された時間や“無”になる状態をつくるために、数分間目を閉じて1日を振り返る習慣を取り入れるようにしました。考えを巡らすこともあるし、ただ呼吸に意識を向けるだけのときもあります。その習慣をつけてからは、自分をコントロールできていると感じます。今も、静かな時間や携帯電話から離れる時間は重視しています。

――2016年から成績が上がったのも、そういった要素が大きかったのでしょうか。
菊池 無になる時間をつくったことは大きかったと思います。野球の練習は1日2時間程度で、それ以外の22時間をどう過ごすかが野球の結果につながると考えています。無駄なことを考えたり落ち着かなかったりすると、脳を消耗して疲れてしまいますが、ここ数年はそういうことも少なく、シンプルに生活できていると思います。

きくち・ゆうせい
1991年、岩手県生まれ。花巻東高校卒業。左投左打。2010年ドラフト1位で埼玉西武ライオンズに入団。初めて開幕投手を務めたプロ7年目の16年、初の二桁勝利を達成(12勝)。17年は自身がもっていたNPB左腕最速158km/hをマークするなど、相手を圧倒する投球を続けた。今季の成績は26試合、16勝6敗、防御率1.97。主なタイトルは最多勝(17年)、最優秀防御率(17年)、ベストナイン(17年)、ゴールデン・グラブ賞(17年)。身長184cm、体重100kg。

This article is a sponsored article by
''.