1月1日、ニューバランスジャパンは、グローバルブランドキャンペーンの一環として、SNSやテレビ広告などを通じて、シューズの名工、三村仁司さんを起用したムービーを配信した。駅伝シーズンのまっただ中、日本の長距離シーンのシューズを牽引してきた匠が、新たなスタートを切ったことを強烈にアピールする映像だった。

 そして、1月17日、ついに三村さんの就任会見が開催された。「ニューバランス新戦略発表会」において、ニューバランス ジャパンの冨田智夫代表取締役社長による「ニューバランスジャパンの概要説明」、米国ニューバランスのグローバル・ランニング部門担当トム・カーリオ副社長の「ランニングのグローバル戦略」のあと、三村さんとのグローバル・パートナーシップが発表され、三村さんが自らの言葉で、自らの役割などについて語った。

 三村さんの会見に先立ち、1月1日に配信された動画が上映された。

画像1: Fearlessly Independent since 1906 三村仁司篇(60秒) goo.gl

Fearlessly Independent since 1906 三村仁司篇(60秒)

goo.gl

 映像に続いて、続いてカーリオ副社長から三村さんが紹介された。 

「今日は光栄にもNBファミリーの一員の三村さんを紹介させていただく。世界のベストランニングブランドになるためには、三村さんがもっている知見、経験、そしてクラフトマンシップ、職人的技巧、これが私たちチームに必要だと判断いたしました。新しいシューズをともにデザインし、設計し、さらに洗練していくということが、これからニューバランスに大きな寄与をもたらすことでしょう。そして、ともに日本のみならず、全世界のアスリートの皆様に感激をもたらし、ワクワクさせるものを提供していきたいと思っております。素晴らしいジャケットを着てくださっています。ここからは三村さんにお任せしたいと思います」

 司会による三村さんの経歴の紹介に続いて、三村さんがあいさつした。

ニューバランスはグローバル契約。
やりたいことがやれる場所

 ミムラボの三村と申します。今、ご紹介があったように、このたび、ニューバランスとパートナー契約を結びました。私個人的にも、グローバルで契約したということになります。今までたくさんの選手のシューズを作ってきましたから、これからも新しい世界でやっていきたいと思います。私の作ったシューズで世界で活躍する選手が多数生まれるということで、選手とともに目標に向かってチャレンジしていきたいという考えでおります。

 ニューバランスは、そういうことで、ともに目標に向かってチャレンジしていくということになのですが、ニューバランスとはグローバルの契約、世界の舞台で対峙していく。やりたいことがやれる場所だと思っています。これからも大きな舞台にともにチャレンジしていって、素晴らしい成果が出るように頑張っていきたいと思います。

なぜNBと契約しようと判断したのか

 昨年、1月より、オファーが4件くらいありました。そのなかで、ニューバランスと十数回、ミーティングを行いました。私はニューバランスから、全社をあげてすべての力を注いで、一緒にしたいという熱い思いを感じました。そして私の選手を強くしていきたいという思いを理解いただきました。要は、私の方向性を理解していただきまして、方向性が一致したということです。

ニューバランス専属アドバイザーの役割は?

 いっぱいあるのですが…、新商品の開発のアドバイスをする。ニューバランスの契約選手がいますが、用途に合わせた競技用シューズを作成する。それからいろいろな研修があるのですが、例えば量販店、直営店の研修の講師をする。あと、もう1つはミムラボでシューズ作成しますけど、そのなかにおいてニューバランスとしての商品の開発をやりたいと思います。

これからの抱負

 抱負はですね、もう70歳ですからね。古希ですからね。どうなるかわかりませんけど、できるだけ仕事をするからには夢をもってやりたい。夢といってもすべてのシューズで世界ナンバーワンになる、これは無理です。無理ですからまずは、シューズで記録が左右される種目があります。そういう種目にしぼってナンバーワンになる。そして選手に感動してもらう。私もニューバランスはまだまだ経験不足だと思います。ですからこれから協力して、強い気持ちをもってナンバーワンを目指したいと思っています。

 このあと、三村さんのシューズでパリ世界陸上女子マラソンでメダルを獲得した千葉真子さん、旭化成の宗猛監督、双子のアスリート、市田孝・宏選手らによるトークセッションが行われた。

三村仁司
 1948年生まれ。学生時代に陸上選手、国内スポーツブランドに入社、アスリート向けの別注シューズ製造をスタートさせる。2009年からご自身の工房、ミムラボを立ち上げ、これまでに様々な分野のトップアスリートたちのシューズ、インソール開発に携わる。彼らの大舞台でのチャレンジをサポートし続けてきた。2004年厚生労働省「現代の名工」表彰、06年黄綬褒章を受章、2018年1月1日からニューバランスとミブラボがグローバルパートナーシップを締結。専属アドバイザーに就任した。

This article is a sponsored article by
''.