し烈な定位置争いに挑む

韓国代表のクォン・スンテや、世代別代表にも名を連ねてきた川俣慎一郎、そして〝歴戦の兵〟曽ヶ端準。鹿島のし烈な正GK争いに、ユースの守護神を務めた沖が名乗りを上げる。

「ずっとプロになることを目標にしてやってきたので、もちろんうれしいけれど、まだこれから。やっとスタート地点に立つ、という気持ちもある。まずは試合に出られるように、しっかり自分の力をつけていきたい」

持ち味は「(正確な)キックとビルドアップ能力」(沖)。最後方から攻撃の起点ともなれる。「でも、GKなので、まずはシュートを止めること」と、セービングやハイボールへの対応など、GKとしての基本的な技術力も優れている。試合後にはかすれ声になるほど、試合を通して最後尾から引っ切り無しに送る大きな声は、チームメイトを常に勇気づけている。

そんな沖の活躍もあり、鹿島ユースは昨年の高円宮杯プレミアリーグEASTの全18試合でわずか12失点。1試合平均では1失点以下と、トップチームにも劣らない守備力を示している。

「(失点数が少ないのは)チーム全体としての守備力が大きい。まず前線からプレスをかけに行って、そこで(ボールを)奪えている場面がとても多い。そのぶんシュートを打たれる回数も少ない。チームの全員が汗を流してやっているなか、自分は動く機会が多くはないけれど、集中力を切らさずできるだけ声をかけて、(チームの)雰囲気を崩さないように心掛けている。前も後ろも、しっかりとやるべきことをやっているから、失点が少ないのではないかと思う」と、一人の力でなく、チームとしてのハードワークが数字に表れていることを強調する。

沖のキャリアにおいて、同じ年齢のライバルの存在も大きかった。中学時代から定位置を争う石川碧人と切磋琢磨し、ここまで成長してきた。
「(石川)碧人とはジュニアユースからずっと一緒。自分には持っていないものを持っている。試合に出られるGKはどうしても一人なので、負けたくない気持ちはしっかり持っているけれど、彼もすごくうまいし、気を抜いたら越されてしまう。今も(石川より)優れているという感じはないけれど、(ユースでは)試合に出させてもらっていたので、自分の特長や良さは伸ばしつつ、彼に負けないようにしていきたい」

すでにトップチームの練習にも参加し、「トップチームに行ったら、何もできないのが現状。このままだったら、(プロでは)やっていけないと思う」と名だたる名手を前に、自身の実力不足も噛みしめている。それでも、「1年目から試合に出たい思いはあるけれど、最終的には試合に勝たせられるGKになりたい」と、目標を口にする。

常勝軍団の使命を背負って、これからもゴールマウスを守り続ける。

沖 悠哉[GK/鹿島アントラーズユース/3年]
おき・ゆうや/1999年8月22日生まれ、茨城県出身。小学生から鹿島一筋でステップアップ。U-19代表の一員としてトゥーロン国際大会にも出場した。今季、トップ昇格。184cm、82kg

This article is a sponsored article by
''.