■J1リーグ 開幕節
湘南 2-1 長崎
得点者:(湘)イ・ジョンヒョプ、石川俊輝
    (長)田上大地

J1昇格組同士の対戦は、湘南が長崎に2-1で競り勝った。8分、新加入のイ・ジョンヒョプが先制ゴールをマーク。16分にFKから田上大地に同点ゴールを許すなど、前半は流れに乗り切れなかったが、後半は粘り強く守りながらチャンスを物にした。1-1の80分、こぼれ球を石川俊輝が詰めて決勝ゴールを挙げた。

新人らしからぬ老獪なプレーも披露

開幕スタメンでプロデビューを飾った22歳の大卒ルーキーが、2年ぶりのJ1復帰に沸くBMWスタジアムをさらに盛り上げた。
見せ場は開始早々にやってくる。松田天馬は右サイドでボールを受けると、鋭いドリブルで一気に加速。2人の相手マーカーの間を突破し、グラウンダーのクロスでイ・ジョンヒョプの先制ゴールをお膳立てした。

「あんなドリブルは滅多にない。珍しいと思う。でも、(ドリブルのコースが)ちょっと見えたので、行けると思った。ゴールに向かってチャレンジしろと言われ続けてきて、今日はそれを実践できた」
照れ笑いを浮かべながら、J1での初舞台を満足そうに振り返った。

昨季は鹿屋体育大に籍を置きながら特別指定選手として、J2で3試合に出場。ホームスタジアムでのプレーも慣れたもので、気持ちの余裕があったという。
「緊張はなかった。楽しんでやろうと思った」と笑顔を見せた。

2-1とリードしてからは流れを読みながら、ゲームもコントロール。前線でファウルを誘うようなドリブルでFKを得るなど、その老獪なプレーは大卒新人とは思えないものだった。

90分間、最後まで走り切った後でも疲労の色など見せず、表情には充実感だけが漂っていた。
「この勝利の勢いのままいけば、いい結果が見えてくる」
身長164センチの小さなルーキーが、大きな一歩を踏み出した。

文◎杉園昌之 写真◎J.LEAGUE PHOTOS

This article is a sponsored article by
''.