スポーツ庁は、国民の健康増進を見据えて、普段の生活から歩くことを推奨する「FUN+WALK PROJECT」を発表。本日、キックオフイベントを開催しました。3月5~18日を「FUN+WALK WEEK」として、同プロジェクトの強化期間に設定します。歩きやすい服装での通勤や、歩数に応じてクーポンがもらえるスマートフォンのアプリなどを活用し、楽しく歩いて運動不足解消を目指すプロジェクトです。

歩きやすい服装を取り入れて
通勤を運動の時間に変えよう!

 本日3月1日、「FUN+WALK PROJECT」のキックオフイベントが行われ、スポーツ庁の鈴木大地長官が登壇しました。
「忙しくて運動する時間がない」というビジネスパーソンに、今の生活のなかでスポーツをしてもらうために、最も手軽に取り入れられるのがウオーキングだといえます。職場への通勤や仕事の合間を使って、運動やエクササイズを促すこと、そのためにまずは、通勤時や昼休みに歩くことを推奨しようというのが、この「FUN+WALK PROJECT」です。
 鈴木長官は、歩きやすい服装として、スニーカーやリュック、動きやすいスーツなどを提案。一駅分歩いたり、昼休みに外食に出たりなどの工夫を勧めました。

画像: 通勤時の歩きやすい服装スタイル。TPOに合わせて、動きやすい服や靴を活用してみよう

通勤時の歩きやすい服装スタイル。TPOに合わせて、動きやすい服や靴を活用してみよう

ご当地キャラも応援!
「FUN+WALKアプリ」で楽しく歩こう

 また本日より、全国のご当地キャラや企業と連携して開発した「FUN+WALKアプリ」の配信を開始。歩数に合わせてご当地キャラが変身していきます。さらに、1日1000歩歩くごとに1ポイント加算され、計8ポイント(8000歩)獲得すると、お得なクーポンを取得することができます。

画像: キックオフイベントの応援に駆け付けたご当地キャラ。アプリには総勢27のキャラクターが登場する

キックオフイベントの応援に駆け付けたご当地キャラ。アプリには総勢27のキャラクターが登場する

 鈴木長官は、「私は毎朝、13階のスポーツ庁まで階段で歩いています。通勤時はスニーカーを履くなどの工夫をして、なるべくたくさん歩くようにしています。本日、FUN+WALKアプリもダウンロードしました。これからはアプリも活用しながら、よりたくさん歩けるように頑張ります」と、同プロジェクトをアピールしました。

↓「FUN+WALKアプリ」のダウンロードを含め、プロジェクトの詳細はこちらから↓
http://funpluswalk.go.jp/

This article is a sponsored article by
''.