高校ソフトボール春の祭典、全国高校選抜大会(センバツ)が、3月17日(土)から20日(火)の日程で、女子は岐阜県揖斐川町の揖斐川健康広場ビッグランド、市場グラウンドで行われ、男子は高知県高知市の春野総合運動公園で開催される。

 ここでは女子に続き、男子大会を展望していく。なお、全出場校紹介をはじめとする高校センバツ展望号であるソフトボール・マガジン4月号が現在発売中です!

大村工業が7度目のV狙う

画像: 大村工業が7度目のV狙う

 男子も同じく、最初に左上のブロックから見てみたい。ここには、伝統校とフレッシュな顔ぶれが共存している。伝統校では、過去に優勝1回、準優勝1回の日向工業(宮崎)、準優勝の経験がある伊那弥生ヶ丘(長野)をはじめ、23度目の出場となる日本文理(新潟)、20度目の出場となる光明相模原(神奈川)らも、全国にその名を知られている。一方、3度目の出場となる安来(島根)、加茂(岐阜)、そして地元大会で初出場を果たした高知農業らが見せる、思い切りの良い戦いぶりも注目される。

 左下のブロックでは、最多の6度の優勝を誇り、連覇をうかがう大村工業(長崎)が注目。初戦は、共生(岡山)と千葉敬愛(千葉)による実力校対決の勝者との対戦となる。王者がいかに大会に入るか、さっそく目が離せない。このブロックには、経験豊富な選手が揃う御調(広島)、U19日本代表のエース小野寺翔太を擁する新島学園(群馬)、一時代を築いた岡豊(高知)という強豪も名を連ね、どこが勝ち上がるか興味が尽きない。

 右上のブロックに目を移すと、地元・高知の第一代表である高知工業が有力視される。昨年度から主力だった選手が多く、中心選手の近森大起はU19日本代表にも選ばれている。同じ四国勢の徳島科学技術も力があり、1年生の夏から活躍する安藝大地を投打の軸に、上位を狙う。その他にも、沖縄の雄・読谷や、来年の地元国体を見据え意気盛んな茨城の下妻第二、全国常連の刈谷工業(愛知)なども、ブロック突破争いに絡みそうだ。

 最後に右下のブロック。ここは前回大会の準優勝校であり、昨夏の優勝校である飛龍(静岡)と、昨夏の準優勝校の啓新(福井)が軸になる。飛龍は昨夏も経験した1年生が引っ張り、選手層にも厚みがある。啓新は昨夏の中心だった2年生が力を付け、エース・大西泰河はU19日本代表にも選ばれた世代屈指の投手だ。この二強に加え、過去3度の優勝経験がある強豪・九州産業大付九州(福岡)、毎年好チームをつくる興國(大阪)などもおり、激戦区だ。

 果たして、今年の春を制するのはどこか。男女それぞれの熱戦の模様と結果は、ソフトボール・マガジン6月号で特集します!

画像: 昨年度は春準優勝、夏で優勝(写真)を果たした飛龍。今の高校男子ソフトボール界の中心的存在と言える

昨年度は春準優勝、夏で優勝(写真)を果たした飛龍。今の高校男子ソフトボール界の中心的存在と言える

画像: 力強いボールを武器に、昨年の夏は準優勝投手となった啓新のエース・大西泰河。その右腕は大会屈指だ

力強いボールを武器に、昨年の夏は準優勝投手となった啓新のエース・大西泰河。その右腕は大会屈指だ

This article is a sponsored article by
''.