果たしてオレは、この大相撲の世界で大成できるのか――。
 周りのライバルたちとはもちろん、自分の心の中に渦巻く不安との闘い。そんな苦しい手探りの中で、「よし、これだっ。こうやったら、オレはこの世界で食っていけるぞ」と確かな手応えを感じ取り、目の前が大きく開ける思いがする一瞬があるはずです。
 一体力士たちは、どうやって暗闇の中で、そのメシのタネを拾ったのか。これは、光を放った名力士たちの物語です。
※平成4~7年『VANVAN相撲界』連載「開眼!! 相撲における[天才]と[閃き]の研究」を一部編集。毎週金曜日に公開します。

【前回のあらすじ】シ烈なスカウト合戦の末、近大から鳴り物入りで高砂部屋に入門。その長岡に対し、中学を出て修業に励む先輩力士らが手ぐすねを引いて待ち構えたが、その兄弟子たちを羽目板にたたきのめし、自信を胸に初土俵を踏む――

順風満帆な出世に、部屋伝統の四股名を継承

 昭和53年(1978)春場所、東の幕下付け出しで初土俵を踏んだ長岡のプロ・スタートは、入門前の計算どおりに順風満帆そのものだった。いきなり最初の場所で幕下優勝し、3場所目には早くも十両昇進。5場所目には、この十両も卒業して入幕を果たしている。

 この日の出の勢いはさらに続き、入門からわずか6場所目の54年初場所には、入幕2場所目にもかかわらず、東の6枚目で10勝5敗と堂々と二ケタの勝ち星を挙げて、初の敢闘賞も獲得してしまった。

 そして、1年ぶりに懐かしの大阪の春場所を迎える直前、師匠の高砂親方(元横綱朝潮)は、長岡を稽古場の隅に手招きすると、照れたような顔で、、

「いつまでも本名のままではカッコ悪いだろう。これからはこの四股名でやれ」

 とご褒美に、最高位の横綱までいった自分の現役時代の四股名の〝朝潮太郎〞をプレゼントした。

「なかなかようやってるじゃないか。これからも頑張って、オレのように横綱を目指せ、お前ならなれる」

 という無言の叱咤でもある。

 1年前、この大阪を出ていったときは、幕下の一番下だったが、今は三役にもう一歩という東の前頭の筆頭。

「もちろん、横綱になりますよ。プロといっても、思ったよりもチョロコイものや、この調子でいけば、それもすぐです」

 と、まだピンとこない新しい四股名に戸惑いながらも、長岡改め朝汐(のち昭和57年九州場所に朝潮)は、腹の底でニヤリと笑っていた。

 しかし、本当に甘かったのは自分であることに気付くまで、それからそんなに時間はかからなかった。プロの世界は、一度負けてから真の勝負が始まる。相手の長所はどこで、弱点はどこか、この次からの対戦に備えて、みんなこの若造の持てる力をじっくりと肌で確かめているのである。

画像: 初の敢闘賞を獲得した昭和54年初場所後、部屋の兄弟子・富士櫻と稽古に励む

初の敢闘賞を獲得した昭和54年初場所後、部屋の兄弟子・富士櫻と稽古に励む

初めてぶち当たった、プロの厳しい壁

 待ちに待った春場所、このズル賢い百戦錬磨のプロたちがすっかり有頂天になっていた朝汐に、申し合わせでもしたように一斉に反撃を開始した。

 なんと初日から、前の場所と手のひらを返したように8連敗。やっと9日目の旭國戦で初白星を挙げたが、相手の休場で拾った不戦勝。

「なんや、コロコロ負けてばっかりいやがって。おのれはダルマの生まれ変わりかい」

容赦なく背中に浴びせられるファンのヤジが心に突き刺さって痛かった。

 この場所、5勝10敗と入門して初めて負け越した朝汐は、次の夏場所も、その次の名古屋場所もたて続けに6勝9敗と負け越し、9月秋場所には番付も幕尻いっぱいの東の14枚目まで下がった。今度負け越すと十両転落は100パーセント確実だった。

「なんで勝てんのや!」

すっかり憔悴しきった朝汐は、夜、何度も起きては自問自答してみた。負ける原因ははっきりしている。

 入幕したてのころは、突っ張って四つになって寄ると、みんな面白いように後退し、そのまま土俵を割っていた。ところが、あの春場所を境にしていくら突っ張っても、いくら寄っても、まるで別人と取っているみたいになかなか後退してくれないのだ。

「どうしたんだ。四股名を変えたら急に負け越しやがって。オレの先見の明がなかった、ということかい。ああ、あのとき、朝汐じゃなく、渦汐か、黒汐にしとけばよかったなあ」

 と、いつもなら笑って聞き流せる高砂親方の皮肉も、今は骨身にこたえた。

ようやくたどり着いた闇地獄の出口

 名古屋場所が終わると、すぐ仙台を皮切りに約1カ月に及ぶ夏の東北、北海道巡業が始まる。すっかり自信を喪失した朝汐は、

「やっぱりオレには、この『朝汐』は重すぎる。また、今度も負け越すようだったら、恥ずかしい話やけど、親方にこの四股名を返上し、もう一度、本名の長岡で出直そう」

 と心に決め、重い足取りで巡業列車に乗った。

 長い1カ月だった。これといった活路をつかめないままの帰京。場所前の高砂部屋の稽古場はいつものように、同じ一門の若い千代の富士や、高望山らが押しかけ、大相撲界でも一、二の華やかさに包まれていた。

 しかし、精神的に崖っぷちに追い込まれている朝汐には、とてもそれを楽しむ余裕なんか、ない。それこそ毎日が暗中模索で、その日も鉛のような気持ちで土俵に降りた。

「関取、どうしたの、そんな浮かない顔をして、また女の子にでも振られたのと違いますか。そういうムシャクシャしているときは、思い切って汗をかくのが一番。さあ、一丁やりましょう」

 と毎朝、熱心に通ってくる2歳年下の高望山が誘い水をかける。

「ようし」

 ふたりの〝三番稽古〞が始まった。

 ゴロッと、朝汐が転ぶ度に背中で師匠の、

「あーあっ」

 というため息混じりの舌打ちが聞こえた。相変わらず相撲内容はメロメロ。もう朝汐はなにがなんだか、思考能力を失ってわけがわからなくなった。そして、それから何番目か、朝汐が突っ込んっでいくと、ゴツンという鈍い音がし、それまで岩のように立ちはだかってビクともしなかった高望山がウソみたいにズルズルッと後ろに下がった。

「アッ」という悲鳴にも似た声を残して土俵を飛び出した。頭は当たった感覚でしびれ、額がなま温かい感じがするので、右手でなに気なく拭くと真っ赤だった。前額部が切れて血がしたたり落ちているのだ。

「どうしよう」

 と、慌ててパックリと割れた傷口に手をやる朝汐の耳に、突然、それまで冷ややかだった高砂親方の明るく弾んだ声が快く響き渡った。

「そうだ、朝汐。その当たりだ。今の立ち合いをしたら、誰もお前にかなうヤツはいない。頭がそのくらい切れたって、どうってことはないよ。それよりも、今の当たりをよく覚えているんだぞ。わかったな」

 闇地獄の中で、朝汐はようやく再び陽の当たる場所にたどり着ける出口を見い出したのだ。

 希望は人間を現金にする。それからの朝汐は、朝、稽古場に降りる時間が確実に30分は早くなった。そうして、心待ちしていた秋場所の初日を迎えた。(続く)

PROFILE
あさしお・たろう◎本名・長岡末弘。昭和30年(1955)12月9日生まれ。高知県室戸市出身。高砂部屋。183㎝186㎏。昭和53年春場所幕下尻(60枚目格)付出、同年名古屋場所新十両、九州場所新入幕。60年春場所で幕内初優勝。最高位は大関。幕内通算63場所、531勝371敗33休。優勝1回、殊勲賞10回、敢闘賞3回、技能賞1回。平成元年(1989)春場所5日目、思い出の大阪で引退。年寄山響から、若松部屋を継承後、14年2月に高砂部屋を継承。横綱朝青龍をはじめ、関脇朝赤龍、幕内朝乃若、朝乃山らを育てる。

This article is a sponsored article by
''.