地元高知から2校が準決勝へ

 高知県高知市を舞台に、3月17日に開幕した『第36回高校選抜男子大会(センバツ』。大会3日目は降雨の影響で4試合しか行えなかったが、本日、3回戦の残りと準々決勝を消化。ベスト4が出そろった。

画像: 地元高知から2校が準決勝へ

 まず、左上のブロックを勝ち上がったのは高知農業(高知)。1回戦で安来(島根)に11対0(5回コールド)で勝利を収めると、2回戦の綾部(京都)には7対0(5回コールド)で2試合連続コールド勝ち。3回戦では光明相模原(神奈川)を7対3、準々決勝では日向工業を5対2で下し、初出場ながら4強に残った。

画像: 地元高知の第2代表での出場となった高知農業。初出場ながらベスト4入りを決めた

地元高知の第2代表での出場となった高知農業。初出場ながらベスト4入りを決めた

 次に、左下のブロックを勝ち上がったのは、連覇を狙う大村工業(長崎)。初戦となった2回戦で共生(岡山)から8対0で5回コールド勝利を挙げると、3回戦の明桜(秋田)は15対1(5回コールド)と大量得点で勝利。勢いそのままに、準々決勝で新島学園(群馬)を6対1で破り、準決勝へと駒を進めた。

画像: 最多6度の優勝を誇る大村工業。もちろん狙うは頂点だ。果たして連覇なるか

最多6度の優勝を誇る大村工業。もちろん狙うは頂点だ。果たして連覇なるか

 そして、右上のブロックを勝ち上がったのは、地元・高知の第一代表である高知工業。1回戦で下妻第二(茨城)に1対0、2回戦で富山工業に1対0と接戦を勝ち上がると、3回戦では刈谷工業(愛知)に3対0、準々決勝では徳島科学技術に2対0で勝利。全試合無失点の堅い守りで、準決勝進出を決めた。

画像: 地元高知の第1代表として出場の高知工業。全試合無失点の堅い守りで準決勝進出を決めた

地元高知の第1代表として出場の高知工業。全試合無失点の堅い守りで準決勝進出を決めた

 最後に右下のブロック。ここを勝ち上がったのは、九州産業大付九州(福岡)。1回戦で、須賀川(福島)に逆転勝利(3対2)を挙げると、2回戦では箕島(和歌山)に5対1で勝利。3回戦では昨夏の準優勝チームである啓新(福井)とタイブレーカー勝負を演じ、2対1でサヨナラ勝利。さらに、準々決勝では昨夏の優勝チーム・飛龍(静岡)に5対1で打ち勝ち、準決勝へ。

画像: 啓新、飛龍と、昨夏の優勝チーム、準優勝チームを破って勝ち上がってきた九州産業大付九州

啓新、飛龍と、昨夏の優勝チーム、準優勝チームを破って勝ち上がってきた九州産業大付九州

 明日の準決勝の組み合わせは、高知農業×大村工業、高知工業×九州産業大付九州。勝ち上がったチームが春の高校日本一を懸けて戦う。明日の戦いに、ぜひご注目を!

 なお、今大会の熱戦の模様と結果は、ソフトボール・マガジン6月号の「2018センバツ特集」で!

This article is a sponsored article by
''.