4月1日、2日、U-12の全国の強豪クラブが集う『ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN』本大会が行なわれた。大会を制し、フランス・カンヌへの切符を手にしたのは、『江南南サッカー少年団』(男子)と『千葉中央FC U12 ガールズ』(女子)だった。

 4 月1日、2日、駒沢オリンピック公園総合運動場 第二球技場・補助競技場で、FIFA 公認の12 歳以下の大会『ダノンネーションズカップ』の日本国内大会『ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN』本大会の決勝トーナメントが行なわれた。
 4月2日に行なわれた男子大会の決勝トーナメントでは、本大会の2017 年度大会の王者である『柏レイソルU-12』(千葉県)が初戦で敗退するなど、波乱の幕開けとなった。どの試合も激しいプレーで会場を沸かせた中、決勝に進出したのは今大会のグループ予選でも同組だった『江南南サッカー少年団』(埼玉県)と『サンフレッチェ広島F.C ジュニア』(広島県)だった。
 決勝は、多くの観客や本大会出場チームに見守られる中、序盤から激しい試合展開となった。前半を0-0で折り返すと、後半は江南南がドリブルを果敢に仕掛けてコーナーキックを獲得し、チャンスを量産する展開になった。そして鋭いコーナーキックのこぼれ球を柴野が押し込んで先制点を奪うと、その後も果敢に攻め続け、再度コーナーキックのこぼれ球に反応した清水が冷静に流し込み、点差を広げた江南南が優位な展開とする。試合終盤には本大会MVP に選出された上西(上のメイン写真右)が得意のドリブルで相手をかわし、豪快に試合を決定づける3 点目を決め、3-0 で江南南が勝利。試合終了のホイッスルが鳴ると、選手同士が相手チームを称え合う姿に会場からは盛大な拍手が送られた。また、審判団が選手全員にフェアプレー精神の象徴であるグリーンカードを提示する場面もあった。 
 さらに、今大会から初開催となった女子大会の決勝は、本大会で無失点を続けてきた『千葉中央FC U12ガールズ』(千葉県)と『バディフットボールクラブ』(東京都)の、堅守を特徴とするチーム同士の対決になった。互いに体を張ったプレーで拮抗した展開が続いたが、後半開始早々に相手のクリアミスに千葉中央の吉福が反応し、決勝ゴールを奪う。その後は千葉中央が持ち前の堅守を披露し、1-0 で勝利した。
 優勝した江南南と千葉中央は、日本代表としてフランスのカンヌで現地チームと親善試合を行なうこととなっている。

画像: 球際の激しい攻防が続いた女子決勝。『千葉中央FC U12ガールズ』(水色のユニフォーム)が1点を守り切った

球際の激しい攻防が続いた女子決勝。『千葉中央FC U12ガールズ』(水色のユニフォーム)が1点を守り切った

<男子決勝トーナメント結果>
男子大会:決勝
サンフレッチェ広島F.C ジュニア 0-3 江南南サッカー少年団
男子大会:準決勝
ヴァンフォーレ甲府U-12  0-2 サンフレッチェ広島F.C ジュニア
レジスタFC  0-1 江南南サッカー少年団

画像: 男子優勝:『江南南サッカー少年団』(埼玉県)

男子優勝:『江南南サッカー少年団』(埼玉県)

<女子決勝トーナメント結果>
女子大会:決勝
バディフットボールクラブ 0-1 千葉中央FC U12ガールズ
女子大会:準決勝
府中なでしこ 0-2 バディフットボールクラブ
千葉中央FC U12ガールズ 1-0 西鶴間サッカークラブ・レディース

画像: 女子優勝:『千葉中央FC U12ガールズ』(千葉県)

女子優勝:『千葉中央FC U12ガールズ』(千葉県)

<表彰>
MVP
男子:上西遥喜(江南南サッカー少年団)
女子:吉福紗帆(千葉中央FC U12ガールズ)

優秀選手賞
男子
GK 大橋藍(レジスタFC)
DF 高倉崇太(レジスタFC)、高橋怜生(サンフレッチェ広島F.C ジュニア)
MF 桝谷歩希(サンフレッチェ広島F.C ジュニア)、川口遼己(大阪市ジュネッスフットボールクラブ)、白須健斗(バディSC)
FW 青木一道(ヴァンフォーレ甲府U-12)、寺山隼人(江南南サッカー少年団)

女子
GK 唐澤鈴緒(セレソン群馬ヴェリエンテスU12)
DF 新納紅愛(バディフットボールクラブ)、岡村まどか(バディフットボールクラブ)、斉藤色(千葉中央FC U12 ガールズ)
MF 小島世里(バディフットボールクラブ )、杉本栞の(西鶴間サッカークラブ・レディ)
FW 鳥澤知香子(府中なでしこ)、小林ちさ(バディフットボールクラブ )

フェアプレー賞
男子 柏レイソルU-12 / 女子 金沢ガールズ


<優勝チームコメント>
松本監督(江南南サッカー少年団)
「『1 対1 で負けるな』という言葉を常に選手に伝えていますが、今日はよく体現できたゲームでした。選手を褒めたいです」
上西(江南南サッカー少年団)
「得意のスピードを存分に発揮できました。フランスでもいいプレーができるようにしっかりと準備します」
鈴木監督(千葉中央FC U12ガールズ)
「世界の舞台は全員初めてなので緊張すると思いますが、楽しむことを意識して全力を出したいと思います」
吉福(千葉中央FC U12ガールズ)
「海外の選手は背の高いイメージがありますが、怖がらずに自分のプレーができれば結果が出ると思います」

画像: 大会アンバサダーの前園真聖氏(左。元日本代表)が決勝の解説を務めた

大会アンバサダーの前園真聖氏(左。元日本代表)が決勝の解説を務めた

This article is a sponsored article by
''.