■2018年4月25日 J1リーグ第10節
 FC東京 3-1 広島
 得点者:(F)ディエゴ・オリヴェイラ2、永井謙佑
     (広)稲垣祥

明治安田生命J1リーグ第10節が4月25日に行なわれ、序盤から主導権を握ったFC東京が快勝。広島は首位こそ守ったものの、今季リーグ戦初黒星を喫した。3試合ぶりに先発しながらもシュートゼロに終わった広島MF川辺駿は試合後、プレー内容を反省するとともに、今後への危機感をあらわにした。

「もっとひっくり返さなければいけなかった」


開幕から8勝1分け、5節からは5連勝を飾っていた広島の絶好調の要因は、何といっても9試合2失点という堅守にあった。ところが、この日は開始直後にあっさりエリア内への侵入を許してPKを献上し、開始5分で失点。さらに9分にも自陣でのパスをカットされてカウンターを浴び、あっという間に2点のビハインドを負う最悪の立ち上がりとなった。

この時間帯のプレーを、川辺は「相手がかなり勢い良く前から(ボールを奪いに)来ていたので、チーム全体でもっとひっくり返さなければいけなかった」と悔やんだ。ひっくり返す、とは、ラインを押し上げて前線からプレッシャーをかけてくる相手の背後をロングパスなどで突き、相手に攻めていくゴールではなく、守っているゴールに向かってプレーさせることを指す。試合の立ち上がりだったことを考えても、よりシンプルなプレーが必要だったのではと分析した。

一方でボールポゼッションについては、「相手はサイドで守備をするのを嫌がっていた。もっと早くボールを動かして、サイドにボールをつながなければいけなかったし、サイドチェンジもなかった」と振り返っている。「前半は、セットプレーやクロスくらいで、チャンスらしいチャンスもなかった」と語った通りの低調な内容で、後半も51分にカウンターから失点して0-3に。60分に1点を返し、目が覚めたように攻撃に勢いが出たが、「後半から動き出すのではなく、前半からやらなければ」と反省の言葉が続いた。

2位・FC東京との直接対決に敗れたとはいえ、勝ち点差は依然6と、大きなリードは保っている。次節は中2日で4月28日、さらに5月2日、6日とリーグの連戦が続くこともあり、広島の選手たちは口々に「切り替えて、連敗しないことが大事」と語っていたが、川辺は別のポイントも指摘していた。

「(次節に向けて)切り替えることは重要だけど、FC東京のように前線に強い選手がいると、そこにボールが収まって、後ろから選手が湧き出てくる。これは次の長崎も同じだと思う。今日の戦いを反省して、生かさなければいけない」

次節、4月28日は4連勝中の長崎とのアウェーゲーム。残留争いを強いられた昨季から一転、素晴らしいスタートダッシュに成功した広島が、初黒星の後をどのように戦うかは、今季のリーグ全体の行方にも影響を与えるかもしれない。

取材◎石倉利英 写真◎J.LEAGUE PHOTOS

This article is a sponsored article by
''.