5月6日に東京・アミノバイタルフィールドで行われた関学大ー日大の定期戦で、日大の守備選手による悪質な反則行為(アンネセサリーラフネス)で、関学大のクォーターバックの選手が負傷した。この問題に関して、関学大の鳥内秀晃監督と小野宏ディレクターが5月12日、記者会見した。

記者会見に臨んだ関学大の鳥内監督(左)と小野ディレクター 写真:佐藤誠

 冒頭、小野ディレクターから示された状況と経過などについては、以下のとおり。

画像1: 定期戦での反則行為に関して
関学大が日大に抗議文を送付
画像: 会見では、ビデオで違反行為が行われた状況が動画で示された 写真:佐藤誠

会見では、ビデオで違反行為が行われた状況が動画で示された 写真:佐藤誠

This article is a sponsored article by
''.