本日5月17日、ベースボール・クリニック6月号が発売となりました。
 2013年の学生野球憲章改定以降、元プロ野球関係者の高校野球監督は年を追うごとに増えている。そこで今号では18年春のセンバツ大会に出場した宮崎・延岡学園高の三浦正行監督、山梨で存在感を高めている駿台甲府高の深沢和帆監督に指導のポリシーを伺った。

 また、野球の実践と科学の融合を図る研究者の知見に触れるBaseball Laboratoryのテーマは「捕手の二塁送球」。それに伴い、現場からの声では「捕手のスローイング向上」のテーマで元・巨人捕手で現在は東海大静岡翔洋高(静岡)の原俊介監督、06年夏の甲子園で捕手として日大山形高のベスト8に貢献し、現在は札幌日大高(北海道)の秋場拓也監督の2人に話を聞いた。

 甲子園監督の目は第90回記念選抜大会3回戦の星稜対近江を取り上げます。

Baseball Clinic 6月号
目次

[特集]
プロ出身監督のチーム指導
Top Commentator/巻頭インタビュー
三浦正行◎延岡学園高監督
The Coaching Style/わがチームの練習風景
深沢和帆◎駿台甲府高監督

Baseball Laboratory~野球研究室を行く~[2]
鈴木智晴[鹿屋体育大学大学院体育学研究科博士後期課程/鹿屋体育大学硬式野球部コーチ]
捕手の二塁送球における各局面の動作特性

現場からの声
「捕手のスローイング向上」
原 俊介◎東海大翔洋高監督
秋場拓也◎札幌日大高監督

甲子園「監督の目」~そのときベンチは~
第90回記念選抜高校野球大会3回戦
星稜vs近江
林 和成◎星稜高監督
多賀章仁◎近江高監督

フォーム連続写真解説
[投手編]細川拓哉◎明秀日立高
[打者編]芳賀大成◎明秀日立高

野球食レパートリー[122]/海老久美子
TOPICS これからの日本野球のあり方セミナーリポート
松葉健司(元・松阪高監督ほか)の人材育成論
[COLUMN]仁志敏久のThinking Now[77]
コツコツが勝つコツ♫元ヤクルト宇佐美康広のロクハチ野球工房日記[16]
Produced by GOLD GYM 野球選手のための故障リスクの少ない体づくり[12]
球道自在[108]~アマ・トップ投手が持ち球を解説~ 臼井浩[東京ガス]
バッティング用語の再解釈[10]/藤田充
今すぐ試そう!投手の実戦テクニック[66]/浜田典宏
野球「脳」力向上ドリル[5]/小山啓太
[野球専門医コラム]野球医学への招待[53]/馬見塚尚孝
野球のコンディショニング科学[50]/笠原政志
サムライ審判アカデミー[40]/平林 岳
一途一心の野球道[46]/山﨑夏生
クラブチーム風土紀[52] 沖縄ティーダバル[沖縄]
中学硬式チーム練習訪問Big Inning! 市原ポニー[千葉]
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン~リーグ・トピックス~
がんばれ!高校野球部マネージャーアンケート
バックナンバー
B.C.インフォメーション
今月のプレゼント MONTHLY PRESENT

This article is a sponsored article by
''.