ソフトボール・マガジンでは2017年5月号から2018年3月号まで、山田恵里選手(日立)の選手コラム『山田恵里の真っ向勝負!』を隔月で掲載していました。その中で好評だったのが『教えて!山田選手』という山田選手へのQ&Aコーナーです。

『教えて!山田選手』は連載2回目から始まり、全部で4回掲載しました。ソフトボール・マガジンWEBでは、この全4回分を順々に紹介していきたいと思います。今回はその最終回です。

質問④

 バッティングの再、タイミングの取り方で意識していることはありますか? また、タイミングを取りやすい構えはあるのでしょうか? 私は両打ちのバッターで、左打席に入ることもあります。ぜひ、教えてください。(31歳男性・SAMURAItkc)

答え④

 タイミングの取り方は人それぞれなので、SAMURAItkcさんに参考になるかは分かりませんが、私のやり方をお伝えしますね。

 まず、構えのときに力が入っているとスムーズに動き出せないので、力を抜いて構えるようにしています。バッティングは最初の構えですべてが決まりますから、これはすごく重要なポイントです。

 そして、ピッチャーがボールを握った腕をテイクバックして、ボールがピッチャーの身体の前を通るときに動き出します。これが私のタイミングです。

 ちなみに、私の場合は身体のバランスを見て、そのときどきで構えを変えていますが、動き出しはいつもボールがピッチャーの身体の前を通るとき、これはどんなときでも変わりません。

ソフトボール・マガジン2018年3月号掲載( 内容は掲載時のものです)

 なお、ソフトボール・マガジンでは、2018年5月号から選手コラムの第2弾がスタートしています。奇数月が藤田倭選手(太陽誘電)、偶数月が長﨑望未選手(トヨタ自動車)です。こちらもぜひ、ご覧になってくださいね。

This article is a sponsored article by
''.