※胸囲96cmのマクドネルの上体を、つぶさに観察する井上尚弥 写真/佐藤伸亮

 25日(金)、東京・大田区総合体育館で行われるWBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦、王者ジェイミー・マクドネル(イギリス)対挑戦者2位・井上尚弥(大橋)の予備検診が東京都内で開催された。検診結果、両選手コメントは以下のとおり。

マクドネル
身長    175.5cm
頸周    37.0cm
胸囲    96.0cm
視力    左1.0 右1.0
上肢リーチ 182.0cm
ナックル  左27.0cm 右29.0cm
血圧    128/86
脈拍    58/min
体温    36.5℃
「実際に合ってみると、フィーリングがつかめる。身長、リーチなど、体格のアドバンテージを生かして戦う」

井上
身長    165.2cm
頸周    35.0cm
胸囲    90.0cm
視力    左1.0 右0.6
上肢リーチ 170.6cm
ナックル  左26.5cm 右26.4cm
血圧    143/94
脈拍    60/min
体温    37.2℃
「(マクドネルは)思っていたより体がしっかりしている。仕上げてきたなと思います。自分にとって、スーパーフライ級から1.4kg上がっているのは、やっぱりだいぶ違います。体調がいいです」

検診撮影前、尚弥が歩み寄って、マクドネルとガッチリ握手。しかし、その後は一気に対戦ムードに突入した
写真/佐藤伸亮

This article is a sponsored article by
''.