私にとって重要なチャレンジ

今季限りでバルセロナを退団し、ヴィッセル神戸への加入が決定したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が5月24日、東京都内で記者会見を行なった。

国内外から211社348人の報道陣が集まるなか、神戸の三木谷浩史会長から紹介を受けると、無数のフラッシュを浴びながらさっそうと登場した。壇上でイスに座ってマイクを手にすると、日本語で「こんにちわ、イニエスタです」と照れ笑いを浮かべながら挨拶を済ませ、ゆっくりと話し始めた。

「きょうは特別な日。(この移籍は)私にとって重要なチャレンジです。家族も喜んでいます。神戸のプロジェクトを一歩でも前進させたい。Jリーグがアジアの中で広がっていくために力を貸したい。神戸のチームメイトたちとプレーすることが楽しみ。日本は大好きな国です」

長旅の疲れも感じさせず、リラックスした表情を浮かべていた。多くのクラブからオファーを提示されたことを認めた上で、「神戸が提示したプロジェクトが興味深かった。人として、選手として僕を信頼してくれた」と移籍の決め手も明かした。日本での生活に早くなじみたいと話し、「文化に溶け込みたい」と意欲的だった。

三木谷会長はイニエスタの獲得は、ただの戦力補強ではないことを強調した。

「日本サッカーに大きなインパクトを与え、アジアにも影響を与える。アジアナンバーワンクラブになることを目指したい」と力強く宣言。イニエスタを中心にさらなる神戸の飛躍を誓っていた。

イニエスタはバルセロナの下部組織で育ち、クラブ一筋で16シーズンにわたり活躍。スペインリーグ優勝9回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝4回、FIFAクラブワールドカップ優勝3回など、主要タイトルのほぼすべてを獲得している。スペイン代表としてもプレーし、2010年ワールドカップでは初制覇に貢献。18年ロシア・ワールドカップのメンバーにも選ばれている。

取材◎杉園昌之 写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.