レッドブル・ジャパン株式会社は、6月5日(火)より、エナジードリンクではない、有機JAS 認定を受けたオーガニックな炭酸飲料「ORGANICS by Red Bull(オーガニックス・バイ・レッドブル)」を関東エリアで販売開始する。

1987年にオーストリアで販売を開始したレッドブル・エナジードリンクは、それから約20年後の2006年に日本での一般販売を開始。そして今回、 エナジードリンクでは無い、有機JAS認定を受けたオーガニックな炭酸飲料「ORGANICS by Red Bull(オーガニックス・バイ・レッドブル)」の販売を開始する。 味はシンプリーコーラ、ビターレモン、ジンジャーエールの3種類で、250mlのアルミ缶で提供。海外ではオーガニック製品が気軽に手に入る国がある一方、日本ではオーガニック製品はそこまで身近なものではないが、「 オーガニックを、カジュアルに。」というテーマのもと、オーガニック製品が手に入りやすい世の中の実現を目指し、レッドブルは再び新たなカテゴリーの創出に挑戦する。

【商品情報】
「ORGANICS by Red Bull(オーガニックス・バイ・レッドブル)」
発売日:2018年6月5日(火)
価格:206円(税込)
容量:250ml
販売エリア:関東エリア限定(東京・千葉・埼玉・神奈川)
販売店舗:一部コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストア、飲食店、一部eコマースなど

This article is a sponsored article by
''.