6月14日、ロシア・ワールドカップがいよいよ開幕する。幼児・小中学生を対象としたサッカースクールを運営する『株式会社クーバー・コーチング・ジャパン』は、当スクールに所属する小学4~6年生の男女(2017年度)を対象にロシア・ワールドカップの「優勝国予想」調査を実施。7174名から回答を得た。その調査結果がこちら! 日本に対しては意外な結果が返ってきた・・・・・・?

※上のメイン写真=ロシア・ワールドカップの開幕カードは「ロシア対サウジアラビア」。6月14日の24時(日本時間)にキックオフ!
写真/gettyimages

【優勝国予想集計グラフ(サンプル数=7174名)】

画像1: ©クーバー・コーチング・ジャパン

©クーバー・コーチング・ジャパン

調査の結果、優勝国予想の1位はブラジルで、33.5%(2405票)。2位はドイツで、27.9%(2001票)となり、過去ワールドカップ優勝経験もある常連国が上位にランクインした。また、日本を優勝国に予想した割合は6.8%(487票)で4位となった。

【優勝国予想全順位】

画像2: ©クーバー・コーチング・ジャパン

©クーバー・コーチング・ジャパン

【ブラジルを選んだ理由】

回答者の3人に1人がブラジルの優勝(33.5%)を予想した。ブラジルを優勝国に予想したスクール生からは「2016年のリオデジャネイロ・オリンピックで優勝したから」(東京都在住)や「好きな選手が多いし、見ていて楽しい。2002年から優勝していないので、優勝してほしい」(福岡県在住)という声がありました。オリンピックでの優勝や世界的なスターであるネイマールの存在が、結果に影響していると考えられた。

画像: 仙台校(仙台市⻘葉区)での調査 写真/クーバー・コーチング・ジャパン

仙台校(仙台市⻘葉区)での調査 写真/クーバー・コーチング・ジャパン

【ドイツを選んだ理由】

前回大会(2014年のブラジル・ワールドカップ)の覇者ドイツ(27.9%)は2位となった。ドイツを選んだスクール生からも「前回、優勝したから」(東京都在住)とコメントがあった。

画像: ルミネ立川校(東京都⽴川市)での調査 写真/クーバー・コーチング・ジャパン

ルミネ立川校(東京都⽴川市)での調査 写真/クーバー・コーチング・ジャパン

【その他の国を選んだ理由】

そのほか、「ロシアが優勝。開催国なので注目したい」(宮城県在住)や「アルゼンチン優勝。リオネル・メッシがいるから」(東京都在住)、「ベルギー優勝。エデン・アザールやケビン・デブライネなど、最近有名選手が多くなってきたから」(福岡県在住)と、優勝国を選んだ理由について有名選手の名前を挙げて回答していた。サッカー少年少女は、テレビやインターネットなどで日頃から海外サッカーの情報に触れている様子が伺えた。

<調査概要>
調査目的:ロシア・ワールドカップ優勝国予想
調査期間:2018年1月9日~2月8日
調査対象:クーバー・コーチング・サッカースクールに所属する小学4~6年生男女
サンプル数:7174件
調査手法:投票ボードに回答者がシールを貼り、数値を集計

情報提供/株式会社クーバー・コーチング・ジャパン

This article is a sponsored article by
''.