※山梨学院大は前人未到の5連覇を狙う
Photo:近代柔道

⑦山梨学院大・泉 真生主将

5人制前年優勝
本年関東大会優勝

画像: ※今年も必ず頂点に立つという泉真生主将 Photo:近代柔道

※今年も必ず頂点に立つという泉真生主将
Photo:近代柔道

必ず今年も頂点へ。
メンバー41人全員で5連覇を目指します!

私が入学してから優勝大会で負けていないのでプレッシャーもありますが、キャプテンとして練習のときからしっかりとメンバーを引っ張っていきたいです。特に心掛けているのはチームの雰囲気づくり。以前よりも自ら進んで大きな声を出すようになりました。

(山梨)学院は、前2つを取って勝つというのが必勝パターンでしたが、今春その先輩2人(月野珠里・出口クリスタ)が卒業。皆、不安に感じる部分もありましたが、守る柔道ではなく強気に攻めていこうと心掛けたことが関東大会優勝につながりました。

山部(伸敏)監督には「どのチームも実力はそれほど変わらない。あとは、優勝したいという気持ちが一番大事」と言われていますし、追われる立場ではなく、あくまで挑戦者と考えています。

私自身は階級が上の相手と戦う試合もあると思いますが、とにかく前に出て技を掛ける。そして、足技から後ろへ崩すことができれば…と。

今年も必ず頂点に立つ意気込みで臨み、団体メンバー8人だけでなく学院の41人全員で一丸となって5連覇を目指します!

カギを握る選手

4年生を中心として全員

自己分析

チームワーク ★★★★★
パワー    ★★★
メンタル   ★★★★★

私のアピールポイント

「元気さと明るさ。私は8人きょうだいの6番目なのですが、とてもにぎやかな環境で育ったので、そういう性格になりました」

Profile

いずみ・まお/1996年11月1日生まれ、東京都出身。第三亀戸中‐木更津総合高‐山梨学院大。78kg級、三段。右組み。得意技=大外刈り。出身道場=南千住警察署。11歳から柔道を始める。きっかけは「幼いときから体が大きかったので(笑)」。「柔道の前は2年間、空手をやっていました」。主な戦績は14年インターハイ優勝、17年ヨーロッパOPソフィア優勝、全日本学生優勝、18年GPチュニス優勝。

This article is a sponsored article by
''.