6月23日(土)、福島県営あづま球場にて『日米対抗ソフトボール』の第3戦が行われた。

※試合後に記念写真を撮影した日本代表とアメリカ代表
写真:川口洋邦

 初回表、アメリカの攻撃、日本は先発の上野由岐子に代わって、DPの藤田倭が投手の守備に就く。事実上の先発を任された藤田は、走者を出しながらも要所を締めて3回まで無失点に抑えた。

画像: テンポの良いピッチングで3回2/3を2安打無失点に抑えた藤田 写真:川口洋邦

テンポの良いピッチングで3回2/3を2安打無失点に抑えた藤田
写真:川口洋邦

 その裏、日本は九番・市口侑果の打球が相手失策を誘って二死一塁とすると、主将で一番の山田恵里が右中間へ2ラン本塁打を放ち先制に成功した。

画像: バントの構えからヒッティングし、相手守備をかく乱した市口 写真:川口洋邦

バントの構えからヒッティングし、相手守備をかく乱した市口
写真:川口洋邦

画像: ここぞの場面で一発を放った山田。「フェンスを越えたときの歓声が気持ち良かったです」とスタンドのファンに感謝した 写真:川口洋邦

ここぞの場面で一発を放った山田。「フェンスを越えたときの歓声が気持ち良かったです」とスタンドのファンに感謝した
写真:川口洋邦

 日本は4回途中で上野由岐子を投入。以降は上野がアメリカ打線を無安打に抑えて、2対0で完封勝利を挙げた。3戦全勝は今大会での最高成績。試合後、宇津木麗華監督は「選手がよく頑張ってくれました。(2020年東京五輪の会場に予定されている)福島で2年後に向けて良いスタートが切れて良かった」と話した。

画像: 「今日、見に来てくれた方々が2年後のオリンピックでまたたくさんの人を連れてきてくれるんじゃないか。そう思えるような試合ができたと思う」と上野

「今日、見に来てくれた方々が2年後のオリンピックでまたたくさんの人を連れてきてくれるんじゃないか。そう思えるような試合ができたと思う」と上野

 日本代表はこの後、国内合宿、海外遠征を経て、8月2日から千葉県で開催される『第16回世界女子ソフトボール選手権』に臨む。

This article is a sponsored article by
''.