2戦連続ゴールはならなかったが、巧みなポストワークで攻撃をけん引した大迫(写真◎福地和男/JMPA)

 コロンビア戦、セネガル戦と2試合連続で先発し、日本のけん引車となった大迫勇也がセネガル戦の翌日にあらためて激闘を振り返り、ポーランド戦に向けて抱負を語った。

メンタル的に折れるほうがダメ

 2度、相手にリードを許しながら、そのたびに追いついてドローに持ち込んだのは、日本にとってポジティブな要素だ。自身が決定的なチャンスに決めきれなかったことに悔しさを感じているが、後ろを振り返っている暇はない。

「僕自身チャンスもあったし、しっかり決めなければいけないシーンもあった。そこは次にしっかりと決められるようにするだけだと思う。本当に短期決戦なんで、余計なことは考えずに、次、次という感じでやるようには心がけています。
 もちろんチャンスは決めなければいけないし、悔しかったですけど、チャンス(でミスするの)は僕らだけではない。相手も外しているわけなんで、そこでメンタル的に折れるほうが、ダメなんだってことだと思う。僕らはミスすることを承知の上でチャレンジするしかないと思っているし、続けて続けて前を向いてやるしかない」
 日本は次戦で勝ち点1を得られれば、決勝トーナメント進出が決まるが、対戦相手のポーランドはすでに2敗し、敗退が決まっている。プレッシャーから解放された相手が伸び伸びプレーする可能性は十分にある。だから、大迫はいっそう気を引き締める。

「勝ち点1を取りにいって、取れるだけの力が日本にあるかと言えば、どうかと思う。だから本当に勝ちに行く覚悟が必要だと思います。(ポーランドには知っている選手が多いと思うが?)ポーランド自体は今、うまくいってないと思いますけど、一流の選手が集まっているチームです。だから、いつ調子が戻るかわからない。調子が戻れば、いいプレーをするチームだと思うから油断は許されない」

 対戦したセネガルのアリウ・シセ監督は前日の試合後、大迫のプレーに手を焼いたと話し、その才能を絶賛した。巧みなポストワークと献身的な守備は、今の日本の大きな武器だろう。ポーランド戦は中3日でのプレーとなるが、勝ち点獲得には、やはり大迫勇也が欠かせない。

取材◎佐藤 景 写真◎福地和男/JMPA

This article is a sponsored article by
''.