毎週水曜発売(一部地域はことなります)の週刊プロレスの内容、見どころを発売一日前の火曜に紹介します。

今週号の表紙は2人、ともに6月23日、故郷で大事な試合を闘った鈴木みのると本間朋晃です。デビュー30周年記念試合をおこなった鈴木は地元横浜の赤レンガ広場でオカダ・カズチカと一騎打。大雨の中の30分時間切れの熱闘で自らのメモリアルをプロレス史に刻みました。首の負傷から477日ぶりに奇跡の復帰を果たした本間は故郷・山形で得意の小こけしを披露。試合後は愛妻をリングに上げて支えてくれた感謝を告げ、感動の嵐を起こしました。

6月18日に亡くなった“皇帝戦士”ビッグバン・ベイダーさんに追悼の意を込めて、日本での闘いを中心に多くの写真で振り返ります。新日本、全日本、NOAH、UWFインターと日本のマットを股にかけて大活躍したベイダーさん。すべての団体でトップ外国人に君臨した、その偉業をあらためて称えるとともに、謹んでご冥福をお祈りします。

新日本6・19後楽園ではスーパー・ストロング・マシンが40年以上のプロレス人生に幕。引退セレモニーではマシン軍団時代の名マネジャーの将軍KYワカマツほか縁深い人物が集結。

中カラーはNOAHジュニアのユニット・RATEL’S特集。そのほかに全日本・紋別、NOAH大阪、ドラゲー和泉、DDT後楽園、のく後楽園、大日本・後楽園、みちのく仙台、W-1新木場など注目大会もリポート。水曜日発売(一部地域は発売日は異なります)。

新日本6・23山形~本間朋晃復帰戦◎本間組vs内藤組「ありがとうのキャッチボール」

安易に使うべき言葉ではないのは十二分に承知した上で、それでもやはり、一時はカラダの自由がまったく利かない状況もあったと考えれば、本間朋晃のリング復帰は“奇跡”と言っていい。

奇跡は偶発的なものと受け取られるが、本間はみずからの精神力を拠りどころとした、必然的な奇跡。復帰への強い意思と地道なリハビリ、トレーニングによって、477日ぶりのリング復帰を引き寄せた。

地元・山形での復帰戦。大会のチケット(指定席券)は前売りで完売し、立ち見客も含めて会場はぎっしりと埋まった。そのなか、本間の入場時には有志が製作した黄色の復帰応援ボードが一斉に掲げられた。(市川)


詳細は6月27日(水)発売の週プロ誌面にて。週プロmobile内「週プロ早版」ではその他の掲載コンテンツも紹介しています

詳しくは以下のサイトを参照してください。

This article is a sponsored article by
''.