『サッカークリニック』の連載企画「スペイン流の考えるトレーニング」は、スペインのバスク州の名門クラブ、アスレチック・ビルバオで育成年代の指導に長く携わっているランデル・エルナンデス・シマル/コーチによる好評企画です。
 そしてランデル・コーチの記事の翻訳を務めるのが、同じくバスク州にあるSDデウストU-16で監督をしている岡崎篤氏。先日、一時帰国した岡崎氏がこの夏(7月)も、日本で指導者講習会を実施することになりました。
『スペイン公認最上級ライセンス(UEFAプロ)』も保持する岡崎氏による今夏の指導者講習会は「講義→実技→実技→講義」の4コマ構成となっています。ぜひ、ご参加ください!

※上のメイン写真=FCバルセロナのコウチーニョ(ブラジル代表)を徹底マークするアスレチック・ビルバオ守備陣。アスレチック・ビルバオはバスク州の名門クラブでもある 
写真/gettyimages

【講師】
岡崎篤(SDデウストU-16監督/UEFAプロライセンス指導者)

【関西会場】
7月1日(日)夜、7月2日(月)終日 @大阪府吹田エリア
【関東会場】
7月8日(日)夜、7月9日(月)終日 @東京都多摩・町田エリア
※指導者講習会の詳細は以下のリリースをご覧ください

画像: 『フッボラ講習会2018』 ©フッボラ

『フッボラ講習会2018』 ©フッボラ

This article is a sponsored article by
''.