※クリニックで子どもたちを指導する丸山講師
写真:丸山克俊氏提供

バッテリーの技術向上に!

 7月25日(水)、26日(木)の2日間にわたり、福島県福島市の十六沼公園スポーツ広場&屋根付運動場にて、『第1回東北復興ソフトボール・バッテリーキャンプin Fukushima』が開催される。

 これは、東北エリアのソフトボール・バッテリーを強化し、全国大会優勝チームを誕生させること、ウインドミル投法の基本技術を身に付けること、変化球の基本原理をしっかり理解して練習方法を身に付けること、優れたキャッチャーになるための総合的な指導などを目的として行われるバッテリーキャンプで、今回が記念すべき第1回目となる。

 対象は、小学生から高校生(一般参加も可)。原則として、300名が定員となっているが、収容可能な範囲で講師陣を増員して受け付けることもある。講師は、丸山克俊氏(東京理科大学名誉教授)、齋藤勝寿氏(宮城第一高校教諭)、舟山健一氏(東北福祉大学特任講師)。そして、特別講師として西山秀二氏(元広島東洋カープ、読売ジャイアンツ)も参加する。

 詳細や申込み方法は、下記よりご確認ください。締め切りは7月11日(水)

画像1: バッテリーの技術向上に!
画像2: バッテリーの技術向上に!

■チラシのダウンロードはこちらからお願いします。
https://www.fuku-plus2020.jp/files/newsrelease/files/0149_file01.pdf

This article is a sponsored article by
''.