スイミング・マガジン8月号が7月11日(水)に発売となりました。

 今号の特集は、開幕まであと1カ月をきった東京パンパシフィック選手権展望です。16年ぶりの日本開催となる同大会だけに、例年以上に盛り上がることを必至。米国、豪州、カナダの強豪国相手に日本代表がどのような泳ぎを見せるのか。

 世界トップランクに位置する男女の個人メドレーに男子平泳ぎといった種目別注目選手、はもちろん、日本代表クローズアップでは、男子バタフライの幌村尚(早稲田大)、女子平泳ぎの青木玲緒樹(ミキハウス)、男子自由形の江原騎士(自衛隊体育学校)、中村克(イトマン東進)、竹田渉瑚(オーエンス)、女子背泳ぎの小西杏奈(中京大)を紹介しています。

 別冊付録も「arenaパンパシフィック選手権観戦ガイド」付きで、本誌と合わせて、お楽しみください。

画像: 別冊付録はハンディ版のarenaパンパック観戦ガイド

別冊付録はハンディ版のarenaパンパック観戦ガイド

 また、夏場のシーズンを控え、ジュニア選手とご家族には必読特集として、「夏バテ食」を掲載。具体的なレシピ含めて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 そして男子水球日本代表がワールドリーグ・スーパーファイナルで史上初のベスト4入りを果たしたリポートも掲載しています。

 情報満載の8月号。一家に一冊、夏休みのお供にぜひ!

This article is a sponsored article by
''.