毎年夏休みに長野県の菅平高原で開催されている小学生年代の8人制オープン大会「第31回サッカーマガジンカップ全国少年大会2018」が、今年も7月14日に開幕。全国各地から集まった53チームによる3日間の戦いがスタートした。

※31回目を迎えたサッカーマガジンカップ全国少年大会
写真:BBM

各チームが予選リーグ2試合を消化

かつて李忠成(浦和)など多くの名選手を輩出した伝統の大会が、今年も始まった。午前中の代表者会議と開会式に続き、午後から予選リーグがスタート。菅平高原に散らばるグラウンドで、各チームが2試合ずつ消化した。強い日差しが照りつける厳しい暑さの中でのプレーとなったが、選手たちは元気いっぱい。応援団の大きな声も響き渡り、大いに盛り上がっていた。

画像: 激しくボールを奪い合う選手たち

激しくボールを奪い合う選手たち

予選リーグの途中経過、参加全チームの集合写真は下の通り。2日目の明日15日(日)は午前中に予選リーグ最終戦が行なわれ、各グループの順位が決定する。昼の抽選会を経て、午後からは上位と下位に分かれてのトーナメント戦に入る。敗退チームも16日(月・祝)にフレンドリートーナメントが予定されており、各地のチームと交流を図りながら、それぞれがスキルアップを図る。

画像: 整備された菅平高原のグラウンドは、プレーするのに最適のコンディシ

整備された菅平高原のグラウンドは、プレーするのに最適のコンディシ

画像: 午後に予選リーグ2試合が行なわれた

午後に予選リーグ2試合が行なわれた

画像: 16日(月・祝)まで熱戦が続く

16日(月・祝)まで熱戦が続く

画像: 14日終了時点の予選リーグ途中経過01

14日終了時点の予選リーグ途中経過01

画像: 14日終了時点の予選リーグ途中経過02

14日終了時点の予選リーグ途中経過02

This article is a sponsored article by
''.