日本高校野球連盟から発表された今年度(5月末日時点)の部員数調査結果を基に、部員数が減少に転じた2014年以降の1年生部員数を調査。今年の新入部員である1年生は5万0413人で、前年度比3882人の減少。少子化に加えて野球離れの影響が如実に表れた。各都道府県の状況を詳細に整理していく。

青森が減少率最大

年度ごとに選手が入れ替わる高校野球で、部員数の増減に大きくかかわる1年生部員の数を見ると、全国的には14年比で約1.8割減少。最も減少率が高いのが青森で27.6㌫も減った(873→632人)。特に今年の減少率が大きく、昨年の793人から632人にまで減っており、2割以上の大幅な減少が見られた。北海道・東北地区は軒並み14年比で2割前後の減少となっている。また、新潟も14年比で26.4㌫減と減少幅が大きい。

写真/ベースボール・クリニック

 14年比で9割の部員を確保したのが島根(92.6㌫)、鳥取(92.0㌫)、徳島(91.9㌫)、大分(91.6㌫)香川(91.1㌫)、愛媛(90.4㌫)、の6県。今年、前年割れしなかったのが奈良(106.4㌫)、鳥取(101.35㌫)、愛媛(100㌫)の3県だった。

画像: 青森が減少率最大

This article is a sponsored article by
''.