アメリカンフットボールの第5回U19世界選手権(国際アメリカンフットボール連盟=IFAF主催)は7月18日(日本時間19日)、メキシコの首都メキシコシティーでU19日本代表がカナダと対戦し、22対28で敗れた。日本は2連敗で、22日にU19オーストラリア代表と5位決定戦にまわることになり、3大会連続でメダルを逃した。

画像: U19世界選手権【日本・カナダ】カナダのラン攻撃を止めに行く日本のディフェンス陣=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

U19世界選手権【日本・カナダ】カナダのラン攻撃を止めに行く日本のディフェンス陣=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

 日本は、ゲーム最初のドライブで抑えられ、パントに。カナダが65ヤードリターンタッチダウンを決め、日本はいきなり7点を失った。日本は、QB野沢研(立命大1年)のパスを軸に丁寧にボールを進めると、第1クオーター8分49秒、ゴール前1ヤードのフォースダウンギャンブルでRB柴田健人(日大1年)がタッチダウン(TD)ランで同点とした。

画像: U19世界選手権【日本・カナダ】日本のQB野沢は、多彩なパスでオフェンスを牽引した=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

U19世界選手権【日本・カナダ】日本のQB野沢は、多彩なパスでオフェンスを牽引した=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

 日本は、その後第2Qに2つのTDを許して、14点をリードされて後半へ折り返した。第3Q、カナダの最初のオフェンスを無得点に抑えると自陣25ヤードからスタートした攻撃で、QB野沢のパスが次々に決まった。第3Q5分17秒、QB野沢から大谷空渡(日大1年)へ20ヤードパスが決まってTD。しかし、ポイントアフタータッチダウン(PAT)は失敗に終わり、得点は13対21となった。

画像: U19世界選手権【日本・カナダ】パスをキャッチする日本のWR大谷=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

U19世界選手権【日本・カナダ】パスをキャッチする日本のWR大谷=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

 日本は、続くカナダの攻撃を敵陣ゴール前でパントに抑え込むと、ここでカナダがスナップミス。これがセイフティとなり、日本は2点を追加した。6点差に詰め寄った日本だったが、第3Q10分26秒に15ヤードTDパスを許し15対28と差を広げられた。

 第4Q、自陣13ヤードから攻撃で、日本は、QB野沢のパスなどでファーストダウンを更新して敵陣へ侵入。そして敵陣25ヤードのサードダウン10ヤード、QB野沢のパスがインターセプトされたかと思われたが、カナダの反則で逆にゴール前5ヤードへ前進した。QB野沢はWR糸川幹人(箕面自由学園高3年)へTDパス。PATも決めて、22対28と6点差まで追い上げた。

画像: U19世界選手権【日本・カナダ】第4クオーター、日本のWR糸川がTDパスをキャッチしボールを掲げる=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

U19世界選手権【日本・カナダ】第4クオーター、日本のWR糸川がTDパスをキャッチしボールを掲げる=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

 日本は、次のカナダのオフェンスで49ヤードのフィールドゴールトライをブロックして攻撃権を奪取。自陣45ヤードからのドライブに逆転の望みをかけた。フォースダウン1ヤードのギャンブルを成功させるなど、残り2分余りでカナダ陣29ヤードまで侵入した日本だったが、ロスタックルで3ヤード下がると、その後連続してフォウルススタートの反則で、サードダウン18ヤードまで後退、その後連続でパスが失敗に終わり、勝利への望みが絶たれた。

 日本のゲームMVPには、QB野沢 研(立命館大学1年)が選ばれた。

画像: U19世界選手権【日本・カナダ】日本側のゲームMVP選出されたQB野沢(右端)=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

U19世界選手権【日本・カナダ】日本側のゲームMVP選出されたQB野沢(右端)=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

 他の2試合では、スウェーデンがオーストラリアを19対6で、メキシコ代表がアメリカを33対6で破った。

 敗れた日本は、現地22日に同じく連敗のオーストラリアと対戦。日本に勝って連勝のカナダは、アメリカに快勝した開催国メキシコと金メダルをかけて決勝で激突。3位決定戦は、1勝1敗同士のアメリカ対スウェーデンとなった。

画像: U19世界選手権【日本・カナダ】日本のRB柴田=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

U19世界選手権【日本・カナダ】日本のRB柴田=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

画像: U19世界選手権【日本・カナダ】カナダのQBデュエックのランを止めに行く日本のDL窪田(99)、宇田(54)=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

U19世界選手権【日本・カナダ】カナダのQBデュエックのランを止めに行く日本のDL窪田(99)、宇田(54)=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

画像: U19世界選手権【日本・カナダ】試合後、列になって握手を交わす日本のQB野沢=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

U19世界選手権【日本・カナダ】試合後、列になって握手を交わす日本のQB野沢=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

山嵜隆夫監督(大阪産業大附属高)の試合後コメント

ーー敗因について

最初のシリーズと最後のシリーズ、自滅するようなミスをしてしまったこと、そしてパントのカバーが悪かったこと、この2つ。

ーーフィジカル的に大きな相手に対しどんな準備をして臨んだのか

相手の方が大きいのは初めからわかっている。その体格差を少なくするためにパスを多用することと、ランに関しては低く行く、基本的なことを大事にしている。

ーーとても良くパスが決まっているように見えたが、それは事前のスカウティングで対策を立てたものなのか、それとも、アジャストなのか。どんな戦略だったのか

体格差はどうしようもないので、ライン勝負のパワーフットボールは通用しない。パスプレーに活路を見いだしてやっている。

画像: U19世界選手権【日本・カナダ】試合後に会見する山嵜隆夫監督=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

U19世界選手権【日本・カナダ】試合後に会見する山嵜隆夫監督=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

QB野沢 研(立命大1年)の試合後コメント

ーーどういう気持ちで試合に臨んでいたのか、精神的なプレッシャーとはどのように向き合ったのか

メンタル的には厳しい部分もあったが、WRがフリーになってくれるのを信じて、OLが自分守ってくれることを信じて臨んでいたので、特に怖いという気持ちはなかった。

画像: U19世界選手権【日本・カナダ】試合後に会見するQB野沢 研=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

U19世界選手権【日本・カナダ】試合後に会見するQB野沢 研=7月18日・メキシコシティーで、日本アメリカンフットボール協会提供、撮影:Kiyoshi OGAWA

取材=日本アメリカンフットボール協会  撮影=日本協会公式フォトグラファー尾川清

This article is a sponsored article by
''.