8月2日(木)、日本では20年ぶりの開催となる『世界女子ソフトボール選手権』が開幕します。ソフトボール・マガジンWEBでは、開幕までのカウントダウンも兼ねて、代表選手17名を1日1選手ずつ紹介していきます。

※8月に世界選手権を控える女子日本代表
写真◎川口洋邦/ソフトボール・マガジン

市口侑果(ビックカメラ高崎/内野手)

ジュニア時代から世界大会でキャリアを積んできた内野手。日本代表では二塁を守ることが多い。バッティングは小技もあり、長打力もある。状況に応じたバッティングには定評がある。

画像: 主に二塁を守る市口。これまでの経験を生かし、安定したプレーを見せたい 写真◎菅原淳/ソフトボール・マガジン

主に二塁を守る市口。これまでの経験を生かし、安定したプレーを見せたい
写真◎菅原淳/ソフトボール・マガジン

【プロフィール】(1)内野手(2)ビックカメラ高崎(3)1992.7.3生(4)右投左打(5)163cm57kg(6)大阪(7)木更津総合高(8)11Jr、14世、16世

【プロフィールの見方】(1)守備位置(2)所属チーム(3)生年月日(4)投打(5)身長体重(6)出身地(7)出身校(8)主な日本代表歴[オ=オリンピック、世=世界選手権、Jr=世界ジュニア選手権]

This article is a sponsored article by
''.