※熊井道也ヘッドコーチを中心に円陣を組む女子GEM2日本代表
写真◎Derek Guscott/ソフトボール・マガジン
文◎Kiyomi Guscott

 カナダで開催されている『カナダカップ ショーケースゴールドトーナメント』に参戦中の女子GEM2日本代表(U16)の模様を、現地在住記者のガスコット清美(Kiyomi Guscott)さんがお届けする『カナダカップ応援日記』。好評だった昨年に続き、今年も日本選手団の活躍の模様をお伝えしていきます。今回は、決勝トーナメント2回戦、準決勝のお話です。(ソフトボール・マガジン編集部)

接戦を制し準決勝へ

 決勝リーグ2日目の今日、現地時間13時からTriCity Titans 02(以下、Titans)との試合に臨んだ。この試合に勝てば準決勝進出が決まる。

画像: ※Titans戦で先発した湯田結那(帝京安積高) 写真◎Derek Guscott/ソフトボール・マガジン

※Titans戦で先発した湯田結那(帝京安積高)
写真◎Derek Guscott/ソフトボール・マガジン

画像: Titans戦に2番手で登場した松本琴和(厚木商業高) 写真◎Derek Guscott/ソフトボール・マガジン

Titans戦に2番手で登場した松本琴和(厚木商業高)
写真◎Derek Guscott/ソフトボール・マガジン

 試合は1回、一番・伊波蘭(日出高)が安打で出塁。二番・山根葉月(創志学園高)が手堅く送り、三番・馬場千宙(大阪偕成学園高)の犠飛で走者がかえり1点を先制。2回にTitansに同点を許すも、5回に1点、7回にも1点を加え3-1で勝利し、同日18時から行われる準決勝への進出を決めた。

画像: 7回に三塁打を放った河野まひる(福岡レッドドリームズ) 写真◎Derek Guscott/ソフトボール・マガジン

7回に三塁打を放った河野まひる(福岡レッドドリームズ)
写真◎Derek Guscott/ソフトボール・マガジン

 この白熱したゲームにひときわ大きな声援を送っていたのはニュージーランドの選手たち。聞けば「どんなピンチのときでも笑顔でプレーする日本代表が大好き」なのだそう。去り際に「Good Luck!(頑張って)」と声を掛けてくれたが、準決勝では彼女たちが大好きな「笑顔の日本らしいプレー」を見られるだろうか。

画像: ※観客席の最前列で大きな声援を送るニュージーランドチームの選手たち 写真◎Derek Guscott/ソフトボール・マガジン

※観客席の最前列で大きな声援を送るニュージーランドチームの選手たち
写真◎Derek Guscott/ソフトボール・マガジン

画像: ※観客や他チームの選手までもが大好きな「どんなときも笑顔」の女子GEM2日本代表 写真◎Derek Guscott/ソフトボール・マガジン

※観客や他チームの選手までもが大好きな「どんなときも笑顔」の女子GEM2日本代表
写真◎Derek Guscott/ソフトボール・マガジン

今大会初黒星で敗者復活へ

 準決勝の相手は強敵、White Rock Renagades 02(以下WRR 02)。練習試合の初日に対戦し0-1で敗戦した宿敵だ。日本と同じくここまで無敗で勝ち上がり、失点差で日本の成績を上回り予選を1位で通過していた。

 事実上の頂上決戦とも言える試合は1回、WRR 02が先制に成功する。一方、日本は5回に八番・杉浦穂華(千葉経済大附高)、九番・菱谷香実(佐賀女子高)が安打出塁し同点に追い付くも、6回にWRR 02に勝ち越しを許し、そのまま1-2で今大会初黒星を喫した。

画像: ※得点にはつながらなかったが、3回に三塁打を放ちチャンスをつくった菱谷 写真◎Derek Guscott/ソフトボール・マガジン

※得点にはつながらなかったが、3回に三塁打を放ちチャンスをつくった菱谷
写真◎Derek Guscott/ソフトボール・マガジン

 日本は明日、まずは敗者復活戦に挑み、優勝決定戦進出を目指す。

画像: ※今大会初の黒星を喫した日本。敗者復活からの優勝決定戦進出を目指す 写真◎Derek Guscott/ソフトボール・マガジン

※今大会初の黒星を喫した日本。敗者復活からの優勝決定戦進出を目指す
写真◎Derek Guscott/ソフトボール・マガジン

This article is a sponsored article by
''.